海上保安学校学生

海上保安学校は、将来海上保安庁で働く一般職員の育成を目的として設置された学校です。学校は京都府舞鶴市にあり、1~2年必要課程を学びます。入学後は海上保安庁の職員となるため学費などは必要なく、国家公務員として給料やボーナスが支給されます。

実施日程
〔第1次試験〕9月下旬
〔第2次試験〕10月中旬~下旬
〔第3次試験〕12月上旬~中旬

※第3次試験は航空課程のみの実施
受験資格
①試験実施年4月1日現在、高等学校または中等教育学校を卒業した日から起算して5年 (同一年度に2回行われる場合の初回試験は6年) を経過していない者、および3月 (9月) までに卒業見込みの者
②人事院が①と同等の資格があると認める者
出題範囲
【船舶運航システム課程】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 ②作文試験
〔第2次試験〕
①人物試験 ②身体検査
③身体測定 ④体力検査


【情報システム課程】【管制課程】【海洋科学課程】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 ②学科試験
〔第2次試験〕
①人物試験 ②身体検査
③身体測定 ④体力測定



【航空課程】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 ②学科試験
〔第2次試験〕
①身体検査 ②身体測定
③体力検査

〔第3次試験〕 
①人物検査 ②身体検査
③適性検査

お問い合わせ先 人事院各地方事務局・事務所、海上保安庁・海上保安(監)部署
または海上保安学校事務部総務課
URL:http://www.mod.go.jp/gsdf/jikikanbosyu/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年10月3日 更新