実用マナー検定

実用マナー検定は、社会人として日常生活や職場において要求される必要なマナーが備わっているかを評価する資格です。様々な作法や良いコミュニケーションの取り方、社会生活上でのいろいろな状況への対応の仕方を知りたい方にとって、特におすすめしたい資格です。

試験級
【1級】
【準1級】
【2級】
【3級】
実施日程
【準1・2・3級会場】 予約制 (詳細は問い合わせる)

【1級会場】 6月 9月 12月

【準1・2・3級在宅】 随時
申込期間
会場: 試験日の約6週間前~約2週間前 
在宅: 随時
受験料
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.manaken.net/app/charge.php
受験資格
【1級】 準1級合格者
【準1級】 2級合格者
【2級】 3級合格者
【3級】 誰でも受験できる
試験会場
東京 (準1・2・3級は在宅受験が可能)
出題範囲
【1級】
準1級合格者を対象に、自国の身近なことから、世界へと視点を発展させ、より広い人間性を確立する (記述式試験・実技試験)
①年中行事 ②冠婚葬 (主催者側) ③葬儀 (葬家側) ④国際パーティーマナー ほか

【準1級】
社会人としてマナーの範囲をさらに広げ、1級受験に備えた分野: ①結婚式に出席する ②葬儀に参列する ③手紙 ④贈答 ⑤おつきあい ⑥食事

【2級】
ビジネスシーンにおいて重要なコミュニケーション・電話のマナー、来客 (訪問)のマナーと日常生活のマナー・おつきあい ほか

【3級】
ビジネスシーンにおいての身だしなみ・挨拶、敬語の使い方と公共のマナー、さらに高齢化社会の日本における高齢者などへの心遣い

お問い合わせ先 マナー文化教育協会
URL: http://www.manaken.net

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。