OSS-DB技術者認定資格

OSS-DB技術者認定資格とは、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、中立的な立場で認定するIT技術者認定資格です。企業の基幹システムからWebアプリケーションまで、OSS-DB の採用が拡大している背景から、有資格者は様々なIT・Web系企業で活躍できるでしょう。

試験級
【Gold】
【Silver】
実施日程
随時
申込期間
随時お申し込みが可能です
受験料
15,000円(税抜)/1試験
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国のピアソンVUEテストセンター
試験時間
90分 (実質80分)
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
【Gold】30問/1試験
【Silver】50問/1試験
出題範囲
詳細はこちらからご覧ください。
http://www.oss-db.jp/outline/examarea.shtml
学習の手引き
LPI-Japanが認定した教材がございます。
詳細はこちらからご確認下さい。
http://www.oss-db.jp/measures/learning.shtml#01
合否基準
【Gold】70点
【Silver】64点
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。

お問い合わせ先 LPI-Japan事務局
URL: http://www.oss-db.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月24日 更新