OSS-DB技術者認定資格

OSS-DB技術者認定資格とは、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、中立的な立場で認定するIT技術者認定資格です。企業の基幹システムからWebアプリケーションまで、OSS-DB の採用が拡大している背景から、有資格者は様々なIT・Web系企業で活躍できるでしょう。

基本情報INFORMATION

試験級
【Gold】
【Silver】
実施日程
随時
申込方法
・web
・電話
受験料
15,000円(税抜)/1試験
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国のピアソンVUEテストセンター
試験時間
90分(実質85分)
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
【Gold】約30問/1試験
【Silver】約50問/1試験
出題範囲
詳細はこちらからご覧ください。
【Gold】https://oss-db.jp/outline/gold
【Silver】https://oss-db.jp/outline/silver
学習の手引き
LPI-Japanが認定した教材がございます。
詳細はこちらからご確認下さい。
https://oss-db.jp/measures
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。
資格の更新
有効期限はありませんが、「有意性の期限(再認定ポリシー)」があります。
有意性を維持するためには「認定日から5年以内」に同一レベルの認定の再取得または上位レベルの取得をすることで、認定ステイタスを維持することができます。

お問い合わせ先 LPI-Japan事務局
URL: https://oss-db.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年10月10日 更新