理容師

カットやパーマ、顔剃りなどの理髪を行うことが、理容師の主な仕事です。理容室に訪れるお客様の大半は男性客で、年齢層も広いため、流行りの髪型から昔ながらの髪型までカット出来るだけの技術と、どんな人とでも会話を合わせられる能力が必要です。

実施日程
年2回
〔実技〕8月 〔筆記〕9月
〔実技〕2月 〔筆記〕3月
申込期間
5月 11月
受験料
〔実技・筆記〕25,000円
〔実技〕12,500円
〔筆記〕12,500円
受験資格
原則として高校卒業後、理容師養成施設において、昼間・夜間課程ともに2年以上、必要な知識および技能を修得した者 ほか
試験会場
〔実技〕全国37都道府県の指定された会場
〔筆記〕全国各地の15会場
試験方法
筆記試験+実技試験
出題範囲
〔実技〕
①理容の基礎的技術 (官報により公示)
②理容を行う場合の衛生上の取扱い

〔筆記〕
①関係法規・制度
②衛生管理
③理容保健
④理容の物理・化学
⑤理容理論

※実技試験で必要となる器具・用具は持参する
実技試験と筆記試験の両方を受験した者のうち、どちらか一方の試験のみに合格した者は、申請により次回の試験に限り当該試験の受験が免除される

お問い合わせ先 公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
URL: http://www.rbc.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。