船内荷役作業主任者

船内荷役作業主任者とは、船内の荷の積み下ろしや移動させる作業を行うための国家資格です。船舶関係の仕事をしている方は、自身のキャリアアップや他の船舶関係の資格を合わせてスキルアップを図るためにも有効な資格といえるでしょう。

実施日程
講習を実施する機関によって異なります。
受験資格
①揚貨装置運転士免許、クレーン・デリック運転士免許、移動式クレーン運転士免許を受けた者で、4年以上船内荷役作業に従事した経験を有する者
②その他厚生労働大臣が定める者
試験方法
講習+修了試験
出題範囲
①作業の指揮に必要な知識
②船舶設備、荷役機械などの構造および取り扱いの方法に関する知識
③玉掛け作業および合図の方法に関する知識
④荷役の方法に関する知識
⑤関係法令

お問い合わせ先 厚生労働省 労働基準局安全衛生部 各都道府県労働局基準部
港湾貨物運送事業労働災害防止協会
URL:http://www.kouwansaibou.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月7日 更新