公認心理師

公認心理師は、心理に関する支援が必要な方の心理状態を観察・分析し、助言や指導・その他援助を行う国内初の心理職の国家資格です。多様化する国民の心の健康問題を背景に、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、対応することを目的としています。

2〜3年以内に受験

基本情報INFORMATION

実施日程
<第3回>
2020年6月21日(日)
申込期間
<第3回>
受験の手引き請求受付:2020年1月15日(水)~
申込受付:2020年3月9日(月)~4月8日(水)※消印有効
申込方法
郵送のみ
受験資格
詳細は公式サイトをご確認ください。
試験会場
北海道、宮城、東京、愛知、大阪、岡山、福岡
試験時間
午前120分+午後120分
出題範囲
①公認心理師としての職責の自覚
②問題解決能力と生涯学習
③多職種連帯・地域連帯
④心理学・臨床心理学の全体像
⑤心理学における研究
⑥心理学における実験
⑦知覚及び認知
⑧学習及び言語
⑨感情及び人格
⑩脳・神経の働き
⑪社会及び集団に関する心理学
⑫発達
⑬障害者(児)の心理学
⑭心理状態の観察及び結果の分析
⑮心理に関する支援(相談、助言、指導その他援助) ほか

お問い合わせ先 一般財団法人 日本心理研修センター
URL: http://shinri-kenshu.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年1月21日 更新