日本の資格・検定

資格・検定

コンプライアンス・オフィサー認定試験

コンプライアンス・オフィサー認定試験とは、コンプライアンスの知識・経験を認定するものです。特に金融機関職員が、資質として備えておくべき倫理観、社会常識、法令などの知識の測定を目的としているので、金融業界への就職・転職やキャリアアップには有効な資格となるでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
【金融コンプライアンス・オフィサー1級・2級】 6月上旬 10月下旬
【保険コンプライアンス・オフィサー2級】 10月下旬
【金融個人情報保護オフィサー2級】6月上旬
【JAコンプライアンス3級】 3月上旬

<2021年度>
■全国一斉実施
第54回:2021年10月24日(日)
第55回:2022年3月6日(日)
■CBT方式
金融コンプライアンス・オフィサー2級:2021年5月1日(土)~2022年3月31日(木)
申込期間
<2021年度>
■全国一斉実施
第54回:2021年8月19日(木)~9月8日(水)
第55回:2022年1月6日(木)~1月19日(水)
■CBT方式
金融コンプライアンス・オフィサー2級:2021年4月28日(水)~2022年3月28日(月)
申込URL
http://jcoa.khk.co.jp/
受験料
【金融コンプライアンス・オフィサー1級】6,600円
【金融コンプライアンス・オフィサー2級】4,400円
【保険コンプライアンス・オフィサー2級】4,400円
【金融個人情報保護オフィサー2級】4,400円
【JAコンプライアンス3級】3,300円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験時間
【金融コンプライアンス・オフィサー1級】180分
【金融コンプライアンス・オフィサー2級】150分
【保険コンプライアンス・オフィサー2級】150分
【金融個人情報保護オフィサー2級】150分
【JAコンプライアンス3級】90分
問題数
【金融コンプライアンス・オフィサー1級】事例付記述式 10問
【金融コンプライアンス・オフィサー2級】四答択一式 50問
【保険コンプライアンス・オフィサー2級】四答択一式 50問
【金融個人情報保護オフィサー2級】三答択一式35問、事例付記述式3題
【JAコンプライアンス3級】三答択一式 50問
出題範囲
【金融コンプライアンス・オフィサー1級】
①コンプライアンス態勢の構築
②企業経営
③金融取引と規制(民法、会社法、刑法、銀行法、独禁法等)
④内部リスク管理態勢の構築


【金融コンプライアンス・オフィサー2級】
①金融機関とコンプライアンス 
②金融取引とコンプライアンス
③内部のリスク管理態勢とコンプライアンス


【保険コンプライアンス・オフィサー2級】
①総論
②保険の募集、締結、保全におけるコンプライアンス 
③商品販売におけるコンプライアンス 
④資産運用におけるコンプライアンス
⑤内部管理におけるコンプライアンス


【金融個人情報保護オフィサー2級】
①金融情報保護の概要
②個人情報保護法と情報保護対策
③金融機関取引と個人情報保護 ほか


【JAコンプライアンス3級】
①事業共通 
②信用事業
③共済事業
④経済事業 ほか
合否基準
各満点の60%以上
※試験委員会にて最終決定

お問い合わせ先

日本コンプライアンス・オフィサー協会
URL: http://jcoa.khk.co.jp/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年8月27日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴