日本の資格・検定

資格・検定

Accessビジネスデータベース技能認定試験

この試験では、Microsoft Accessを活用したデータベースのシステム構築技能と、データベースに関するビジネス実務能力を認定します。Accessは製品・売上管理や住所録など、ビジネスの場で用いられることが多く、様々な職種でスキルや知識を活かすことができるでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
・個人受験の場合:各試験会場が設定した日程
・団体受験の場合:各団体にて任意に設定
申込期間
・個人申込の場合:各試験会場によって異なります

・団体申込
WBT
コンビニ払い・クレジット決済の場合…試験日6日前〜当日まで受付可能です。
銀行振込の場合…試験日1週間前まで受付可能です

CBT
バージョンに関係なく:試験日の2週間前
申込URL
http://sikaku.gr.jp/ns/ad/ind/apply/anytime_flow/
受験料
【1級】8,100円
【2級】7,000円
【3級】5,900円(各税込)
支払方法
・個人支払方法:各試験会場へお支払
※各試験会場によって、支払方法が異なります。
会場が指定する方法により、試験日の約1ヶ月前を目処に、直接会場へ受験申込を行ってください。受験料金はお申込みの際、会場にお支払いください。


・団体支払方法:銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
公式サイトをご確認ください。
試験時間
【1級】知識:15分 実技:120分
【2級】知識:15分 実技:90分
【3級】知識:なし  実技:90分
試験方法
〔知識〕(1,2級のみ)
試験実施プログラムによる選択問題:15問

〔実技〕
問題文は、パソコン上に表示されます。
テーマ・指示に従いハードディスクやUSBメモリ等に解答を保存し、提出する:1題
難易度
【1級】
Microsoft Access®を用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行うことができる。
同時にパソコン、データベース、ビジネス帳票に関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。

【2級】
Microsoft Access®を用いてビジネス社会における通常のデータベース処理を行うことができる。
同時にパソコンとデータベースに関する実践的な技能を有している。

【3級】
Microsoft Access®を用いてビジネス社会における簡単なデータベースを作成することができる。
同時にパソコンとデータベースに関する基礎的な技能を有している。
出題範囲
①概要作業環境
②データベース
③テーブル
④データ
⑤クエリ
⑥リレーションシップ
⑦フォーム
⑧レポート
⑨フォームとレポートのセクション
⑩コントロール ほか

※詳細はこちらをご確認ください。
URL:http://www.sikaku.gr.jp/ns/ad/exam/range/
合否基準
【1・2級】知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上
【3級】実技試験の得点において得点率70%以上
結果発表
試験終了後、1ヶ月以内を目処に受験結果が出ます。
受験会場が定める方法により、受験結果をお受け取りください。

お問い合わせ先

株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年9月8日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴