日本の資格・検定

資格・検定

箸検定

箸検定は、日本人の生活に身近な箸文化の普及を目的とした検定です。箸の正しい使い方に加えて、歴史や語源、種類など様々な側面から箸に対する理解を深めることができます。和食のユネスコ無形文化遺産登録に伴い、世界的に箸文化へ注目が集まっているため、観光業や飲食業に関わる方にもおススメです。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【協会認定箸講師】
【箸ソムリエ シニア】
【箸ソムリエ ベーシック】
実施日程
年複数回実施

<2022年度>
【協会認定箸講師】
<第21回>2022年10月9日(日)~11月6日(日)に解答提出

【シニア】
<第22回>2022年10月2日(日)~10月16日(日)に解答提出

【ベーシック】
<第37回>2022年11月20日(日)
申込期間
<2022年度>
【協会認定箸講師】
<第21回>2022年10月9日(日)まで

【シニア】
<第22回>2022年10月2日(日)まで

【ベーシック】
<第37回>2022年11月6日(日)まで
申込URL
http://www.hashi-bunka.jp/pg65.html
申込方法
WEB申込
受験料
【協会認定箸講師】30,000円
【シニア】18,000円
【ベーシック】10,000円(各税込)
支払方法
クレジットカード決済
※その他の支払方法を希望する場合、お問い合わせフォームからの連絡が必要です。
受験資格・対象者
【協会認定箸講師】シニアに合格した方
【シニア】ベーシックに合格した方
【ベーシック】どなたでも受験できます
試験会場
インターネット環境があればどこでも受験できます
試験方法
【協会認定箸講師】筆記試験(小論文記述式)+講座のオリジナルプラン作成
【シニア】筆記試験(小論文記述式)+my箸作り実践(ワークショップ)
【ベーシック】筆記試験(選択式)+お箸の持ち方実技(当日の講習中に指導有)
難易度
【協会認定箸講師】協会認定箸講師として、箸を通し和の良き心を普及できる
箸マナーの所作、知識を活用し仕事として活かせる
【シニア】お箸作りを通して、正しい箸の持ち方を普及できる
【ベーシック】お箸の正しい持ち方、基本を学ぶ
出題範囲
【ベーシック】当日の講義内容から出題
①箸の歴史・文化・語源・種類
②箸使いのマナー
③割りばしのTPO

試験主催者

日本箸文化協会
URL: http://www.hashi-bunka.jp/pg65.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年8月29日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。