学びのメディア「日本の資格・検定」

資格・検定

国立国会図書館職員

国立国会図書館職員は、日本最大の情報センターである国立国会図書館に勤務し、調査業務や司書業務、一般事務などの業務に従事する特別職の国家公務員です。書籍や各種資料を扱う作業が多く、本が好きな人に向いている職業といえます。採用数が少なく試験も難しいため、入念な試験対策が必要でしょう。

コチラもおススメ

試験方法
筆記試験+面接
実施日程
〔第1次試験〕5月
〔第2次試験〕6月~7月
〔第3次試験〕7月~8月
公式URL
http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html

コチラもおススメ

受験の口コミ・体験談 (0件)

edit受験の口コミ・体験談を書く

関連する記事

試験級
【総合職・一般職】
【施設設備専門職員】
申込URL
http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html
申込方法
特定記録郵便による郵送のみ(持参不可)
受験資格・対象者
20歳以上29歳未満の者 ほか
出題範囲
【総合職試験、一般職試験】
〔第1次試験〕
 教養試験(多肢選択式・共通) 120分
〔第2次試験〕
 専門試験(記述式・共通) 90分
 専門試験(記述式) 30分
 英語試験(多肢選択式・共通) 60分 
 小論文試験 60分
 人物試験(個別面接)
〔第3次試験〕
 人物試験(個別面接)

【施設設備専門職員】
〔第1次試験〕
 教養試験(多肢選択式) 120分
〔第2次試験〕 
 専門試験(多肢選択式) 120分 
 専門試験(記述式) 60分
 人物試験(個別面接)
〔第3次試験〕
 人物試験(個別面接)

試験主催者

国立国会図書館 総務部人事課任用係
URL: http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年3月29日更新