日本の資格・検定

資格・検定

LinuC(Linux技術者認定資格 リナック)

LinuCは、世界で最も多く使われているオープンソースのOSであるLinuxに関する知識と技術力を認定するもので、グローバル(世界200か国以上)で受験できる資格です。LinuCの認定を取得することは、IT技術者にとって必須の能力であるコンピュータアーキテクチャを理解していることの証明となります。LinuCの認定を取得することで自分の技術力をストレートにアピールでき、就職や転職、昇給や昇進につながる大きなチャンスとなります。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【LinuCレベル3 300 Mixed Environment】
Linux、Windows、UNIX、Sambaなどの混在環境・運用の実践的なスキルの証明

【LinuCレベル3 303 Security】
セキュアなシステム設計、サーバー構築のスキルの証明

【LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availability】
仮想化システムや高可用性システムを構築するスキルの証明

【LinuCレベル2】
ネットワークを含むLinuxシステムの構築・運用・管理のスキルの証明

【LinuCレベル1】
Linuxシステムの構築・運用・管理のスキルの証明
実施日程
随時
申込URL
https://linuc.org/
受験料
1試験あたり16,500円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国のピアソンVUEテストセンター
※自宅または職場でのオンライン試験も選択可能
試験時間
各90分(機密保持契約とアンケートの時間5分を含む)
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
60問
出題範囲
詳細はこちらからご確認下さい。
【LinuCレベル3 300 Mixed Environment】
https://linuc.org/linuc3/range/300.html

【LinuCレベル3 303 Security】
https://linuc.org/linuc3/range/303.html

【LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availability】
https://linuc.org/linuc3/range/304.html

【LinuCレベル2】
https://linuc.org/linuc2/range/

【LinuCレベル1】
https://linuc.org/linuc1/range/
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。
資格の更新
有効期限はありませんが、「有意性の期限(再認定ポリシー)」があります。
有意性を維持するためには認定日から5年以内に同一レベルの認定の再取得または上位レベルの取得が必要です。

試験主催者

LPI-Japan事務局
URL: https://linuc.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年6月16日更新


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。