証券アナリスト (CMA(R))

証券アナリストは証券投資の専門知識を有し、株式や債券の市場動向の分析、評価を行うことができる能力を認定する資格です。証券会社・銀行・保険会社をはじめ、最近では一般企業の財務部門やIP部門等でも活躍の場があります。金融業界に就職したい人やスキルアップをしたいと考えている人におススメの資格です。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

関連動画MOVIE

  • 『資格取得で仕事は確実に面白くなる』CMA+PB 資格紹介セミナー 講演(20170408)

基本情報INFORMATION

試験級
【第2次レベル】
【第1次レベル】
実施日程
【第2次レベル】年1回:6月上旬
【第1次レベル】年2回:春(4月下旬)、秋(9月下旬または10月上旬)

<2021年度>
【第2次レベル】2021年6月6日(日)
【第1次レベル】2021年4月25日(日)、2021年9月26日(日)
申込期間
<2021年度>
【第2次レベル】2021年3月15日~4月15日
【第1次レベル】2021年7月16日~8月16日
申込方法
マイページよりお申し込み
受験料
【第2次レベル】
■受講料:53,500円
■受験料:8,400円

【第1次レベル】
■受講料:56,500円(会員:50,300円)
■受験料
・経済:3,200円
・財務分析:3,200円
・証券分析とポートフォリオ・マネジメント:6,300円(各税込)
支払方法
・コンビニエンスストア(現金でのお支払い)
・ぺイジー(ネットバンキング、ATMからのお支払い)
受験資格
講座受講者のみ
試験会場
国内(9会場)
札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡

海外(3会場)
ニューヨーク、ロンドン、香港
試験時間
【第2次レベル】計420分

【第1次レベル】
・証券分析とポートフォリオ・マネジメント:180分
・財務分析:90分
・経済:90分
試験方法
【第2次レベル】筆記試験(計算・記述など)
【第1次レベル】講座受講+試験(マークシート方式)
出題範囲
【第2次レベル】
第1次試験の3科目全てに合格された方が受講可能
①証券分析とポートフォリオ・マネジメント
②コーポレート・ファイナンスと企業分析
③市場と経済の分析
④職業倫理・行為基準

【第1次レベル】
学習科目は3科目あり、受講後に行われる試験(第1次試験、科目別に実施)で3科目全てに合格すると、上級コースである第2次レベル講座に進むことが可能
①証券分析とポートフォリオ・マネジメント
②財務分析 
③経済
備考
「証券アナリスト教育・試験制度」は通信教育講座と講座終了後の試験で構成される体系的な学習プログラムです。2次合格と3年以上の実務経験(証券分析業務)でCMA®に、さらに、CIIA試験の合格者には国際的に活躍できる国際公認投資アナリスト (CIIA®) の称号が与えられます。

お問い合わせ先 公益社団法人 日本証券アナリスト協会
URL: http://www.saa.or.jp/cma_program/index.html

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年4月5日 更新