データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストは、情報システムにおけるデータベースの企画・開発・運用・保守といった業務の専門家としての能力を認定する国家資格です。データベースは基幹業務の効率化および情報利用の高度化にとって非常に重要なので、その専門家はシステム開発会社をはじめ、非常に重宝されています。

基本情報INFORMATION

受験料
5,700円(税込)
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
全国主要都市
試験時間
午前
①四肢択一の多肢選択式:50分
②四肢択一の多肢選択式:40分

午後
③記述式:90分
④記述式:120分
出題範囲
①データベースシステムの企画・要件定義・開発に関すること
データベースシステムの計画、要件定義、概念データモデルの作成、コード設計、物理データベースの設計・構築、データ操作の設計、アクセス性能見積り、セキュリティ設計 など
②データベースシステムの運用・保守に関すること
データベースの運用・保守、データ資源管理、パフォーマンス管理、キャパシティ管理、再編成、再構成、バックアップ、リカバリ、データ移行、セキュリティ管理 など
③データベース技術に関すること
リポジトリ、関係モデル、関係代数、正規化、データベース管理システム、SQL、排他制御、データウェアハウス、その他の新技術動向 など

お問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構
情報処理技術者試験センター
URL: http://www.jitec.ipa.go.jp/


※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年6月27日 更新