Excel®表計算処理技能認定試験

Excel®表計算処理技能認定試験は、Microsoft Excelを用いて表計算処理の能力を認定するものです。Excelは業務において欠かせないソフトであるため、自身のスキルアップや就職の際に役立つ資格といえます。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
全国一斉: 9月
随時試験: サーティファイWEBサイトにて確認する
申込期間
試験日の5週間前から2週間前まで
受験料
【1級】 7,900円
【2級】 6,800円
【3級】 5,800円(税込)
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
公開試験: 札幌、仙台、新潟、さいたま、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、岡山、高松、福岡、那覇など全国72都市 (予定)

随時試験: 全国各地の随時試験会場
試験時間
Microsoft Word 2013・2010の場合
【1級・2級】 
〔知識〕 15分
〔実技〕 90分

【3級】
〔実技〕 60分

Microsoft Word 2007・2003の場合
【1級・2級】 
〔知識〕 30分 
〔実技〕 90分

【3級】
〔知識〕 30分
〔実技〕 60分
試験方法
コンピュータ試験
出題範囲
Microsoft Word 2013・2010の場合
【1級・2級】 
〔知識〕 15問
形式: 試験実施プログラムによる選択問題
〔実技〕 連続したテーマによる大問5問 
形式: 【3級】と同じ

【3級】
〔実技〕 連続したテーマによる大問5問 
形式: パソコン上に表示される仕様や指示に基づきワークシートを作成

Microsoft Word 2007・2003の場合
【1級・2級】 
〔知識〕 45問程度
形式: 試験実施プログラムによる選択問題
〔実技〕 連続したテーマによる大問5問
形式: 問題冊子の仕様や指示に基づきワークシートを作成

【3級】 
〔知識〕 40問
形式: 試験実施プログラムによる選択問題
〔実技〕 連続したテーマによる大問5問
形式: 問題冊子の仕様と指示に基づきワークシートを作成

お問い合わせ先 株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/ns/el/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。