Excel®表計算処理技能認定試験

Excel®表計算処理技能認定試験は、Microsoft Excelを用いて表計算処理の能力を認定するものです。Excelは業務において欠かせないソフトであるため、自身のスキルアップや就職の際に役立つ資格といえます。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
随時(各試験会場が設定した日程)
受験料
【1級】 7,900円
【2級】 6,800円
【3級】 5,800円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国主要都市にて実施
試験時間
【1級】〔知識〕 15分 〔実技〕 90分
【2級】〔知識〕 15分 〔実技〕 90分
【3級】〔実技〕 60分
試験方法
コンピュータ試験
難易度
【1級】
Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。
同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。

【2級】
Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。
同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する実践的な技能を有している。

【3級】
Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。
同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する基礎的な技能を有している。
出題範囲
〔知識問題〕※1・2級のみ実施
表計算処理、およびMicrosoft Excelに関する知識

〔実技問題〕
Microsoft Excelの操作によるxlsxファイル、xlsmファイル(1・2級のみ)の作成、編集
合否基準
1級・2級ともに、知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上、3級は、実技試験の得点において得点率70%以上で合格

お問い合わせ先 株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/ns/el/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年6月14日 更新