はり師

はり師は、東洋医学における針治療の国家資格です。ステンレス製の細い針をツボに刺すことによって、肩こり・腰痛・神経痛・関節痛などの症状の改善を図ります。副作用がほとんどない治療法として注目されており、資格取得者には独立の道も開かれています。

実施日程
毎年1回実施(2月下旬)
申込期間
12月上旬~12月下旬
受験料
11,600円
受験資格
学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者で、3年以上、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設(いわゆる専門学校)で必要な知識及び技能を修得した者

※著しい視覚障害者については、学校教育法第57条の規定により高等学校に入学することのできる者で、5年以上上記の学校又は養成施設で必要な知識及び技能を修得した者
試験会場
■晴眼者
北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄

■視覚障害者
各都道府県
試験方法
筆記試験(四肢択一)
出題範囲
①医療概論 (医学史を除く)
②衛生学・公衆衛生学
③関係法規
④解剖学
⑤生理学
⑥病理学概論
⑦臨床医学総論
⑧臨床医学各論
⑨リハビリテーション医学
⑩東洋医学概論 ほか
結果発表
3月下旬

お問い合わせ先 公益財団法人 東洋療法研修試験財団
URL: http://www.ahaki.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月6日 更新