福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員

福祉・介護

福祉用具専門相談員は、介護保険を適用して車椅子や歩行器などの福祉用具を利用する際に、用具の選定の相談にのったり、用具の調整を行う専門資格です。用具選定の適切なアドバイスを行うためには、福祉用具に関する幅広い知識が要求されるので、高齢化社会の今、有資格者のニーズはますます高まるでしょう。

実施日程
都道府県により指定を受けた研修機関(指定講習業者)により異なります。
受験料
指定講習事業者により異なります。
受験資格
どなたでも受講できます。
試験会場
全国各地
試験時間
50時間
(日数は講習会主催者により異なります。)
試験方法
講習+修了評価試験(筆記)
出題範囲
①福祉用具と福祉用具専門相談員の役割
②介護保険制度等に関する基礎知識
③高齢者と介護・医療に関する基礎知識
④個別の福祉用具に関する知識・技術
⑤福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識
⑥福祉用具の利用の支援に関する総合演習

お問い合わせ先 各都道府県介護保険主管課

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月6日 更新