心理カウンセラー

心理カウンセラーとは、臨床心理学領域のカウンセリングや心理療法に関する専門知識を有し、社会に有用なサービスを提供できると認定されたスペシャリストです。有資格者はスクールカウンセラーや企業内カウンセラー、精神障害者作業所指導員など幅広い領域で活動することができるでしょう。

実施日程
年2回(春季・秋季)
申込期間
〔春季〕 2月1日 ~ 2月末日
〔秋季〕 8月1日 ~ 8月31日
受験料
◆審査料:10,000円
◆認定料:50,000円
受験資格
① 心理学、心理療法の知識、技術を教える短期大学、大学、
  大学院、専門学校、専修学校の卒業資格を有していること
② ①と同等以上の専門教育歴・活動歴を有していること
試験方法
筆記試験(小論文形式) + 実技試験(映像審査)
出題範囲
《筆記試験》
受験者が今後行おうとしている「心理カウンセリングに関する活動」について、「どのような考えを持って活動を行うのか?」また「どのような心構えで活動を行うと考えているのか?」等の設問に解答する小論文形式の審査です。
受験者は、筆記審査問題用紙に解答を記入後期日までに協会へ提出し審査を受けます。

《実技試験》
心理カウンセラーとしてロールプレイで行なう60分間の対面カウンセリングを実際に行った映像(DVD)を作成します。併せてその対面カウンセリングについて「ケース確認書」という用紙に設問がありますのでその設問に解答を記入していただきます。
期日までに映像(DVD)とケース確認書の2点を協会へ送り審査を受けます。
結果発表
〔春季〕 5月初旬頃
〔秋季〕11月初旬頃
資格の更新
有効期限は5年間

お問い合わせ先 NPO法人 日本臨床心理カウンセリング協会
URL: http://j-acc.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。