住宅建築コーディネーター

住宅建築コーディネーターは、家づくりに関わるすべての流れを把握し、資金・不動産・設計・施工などの住宅建築に必要な専門分野を繋いで、お客様の家づくりを叶えます。経済産業省・国土交通省が推進する「住生活エージェント」を目指した“中立な住まい相談員”と言われており、国土交通大臣認可組合の推薦資格でもあります。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

実施日程
会場受講:全国の指定教育機関LEC(東京リーガルマインド)各校で開催する受講地によって異なります。
通信受講:随時
申込期間
随時
申込方法
インターネット申込み
http://www.jkck.jp/course/
受験料
会場受講料:30,350円
通信受講料:31,370円
認定登録料:15,000円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
LEC(東京リーガルマインド)全国30校以上で実施
試験時間
受講時間(5時間)+レポート
備考
住宅建築コーディネーターが法務大臣認証ADR調停人の基礎資格となりました。
詳しくは下記をご覧ください。
http://jha-adr.org/apply_adr/?_ga=2.3621552.1068157774.1496025548-1776279948.1475551940

お問い合わせ先 一般社団法人 住宅建築コーディネーター協会
URL: http://www.jkck.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年4月22日 更新