気象予報士

気象予報士は、気象庁から提供される様々な気象データを、総合的に判断して気象予報を行うことが出来る気象のスペシャリストです。予報業務などの公共的側面を合わせ持つ以外に、商品の売上動向にも予測結果はかかせないので、様々なビジネス活動とも深い関わりがあります。

実施日程
年2回: 8月 翌年1月

<2018年度第1回(通算第50回)>
2018年8月26日(日)

<2018年度第2回(通算第51回)>
2019年1月27日(日)
申込期間
<2018年度第1回(通算第50回)>
2018年6月18日(月)~7月6日(金) 

<2018年度第2回(通算第51回)>
2018年11月12日(月)~11月30日(金)
受験料
11,400円

1科目免除の場合: 10,400円
2科目免除の場合: 9,400円
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県
試験時間
学科試験(予報業務に関する一般知識) 60分
学科試験(予報業務に関する専門知識) 60分
実技試験1(下記実技試験の科目1~3) 75分
実技試験2(下記実技試験の科目1~3) 75分
試験方法
筆記試験(多肢選択式)+実技試験(記述式)
出題範囲
〔学科〕 多肢選択式
①予報業務に関する一般知識
大気の構造、大気の熱力学、降水過程、大気における放射、大気の力学、気象現象 ほか
②予報業務に関する専門知識
観測の成果の利用、数値予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気象の予想の応用 ほか

〔実技〕 記述式
①気象概況およびその変動の把握
②局地的な気象の予報
③台風等緊急時における対応
合否基準
学科試験(予報業務に関する一般知識):15問中正解が11以上
学科試験(予報業務に関する専門知識):15問中正解が11以上
実技試験:総得点が満点の70%以上

※ただし、難易度により調整する場合があります

お問い合わせ先 一般財団法人 気象業務支援センター 試験部
URL: http://www.jmbsc.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月21日 更新