海上特殊無線通信士

海上特殊無線通信士は、レーダーの操作や他の船と無線交信をするときに使うVHF無線電話装置などを取り扱う技術者です。海上無線通信士の下位資格であるため、無線設備の操作範囲は限定されています。また、1級を取得するには、一定レベル以上の英語力が必要となります。

試験級
【第一級】
【第二級】
【第三級】
【レーダー級】
実施日程
6月 10月 2月

<10月期>
2018年10月23日(火)・24日(水)
<2月期>
2019年2月8日(金)・9日(土)
申込期間
試験月の前々月の1日~20日頃

<10月期>
2018年8月1日(水)~20日(月)まで
<2月期>
2017年12月1日(金)~20日(水)まで
受験料
【第一級】 6,562円
【第二級・第三級・レーダー級】 各5,162円
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、東京、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇
試験方法
多肢選択式
(第三級海上特殊無線技士の場合は正誤式)
出題範囲
【第一級】
①無線工学 
②法規 
③英語 
④電気通信術

【第二級・第三級・レーダー級】
①無線工学 
②法規

お問い合わせ先 公益財団法人 日本無線協会
URL: http://www.nichimu.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月14日 更新