建築士

建築士は、建築を行う上で建物の設計や工事管理などを担い、安全に建築を行うための資格であり、資格の種類によって設計できる建物に違いがあります。建築士の主な職場は建築士事務所ですが、建築士として3年以上の経験を積み、所定の講習を受けて管理建築士となると独立開業も可能です。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

関連動画MOVIE

  • 【TAC建築士】2019年合格目標「最新!法改正情報と法令集の活用」 2018年11月18日にTAC渋谷校で実施したガイダンスの動画です。講師は井澤真悟講師です。
    動画のレジュメはこちらからどうぞ。

基本情報INFORMATION

試験級
【一級建築士】
【二級建築士】
【木造建築士】
実施日程
【一級建築士】【木造建築士】
〔学科〕 7月下旬
〔設計製図〕 10月中旬

【二級建築士】
〔学科〕 7月上旬
〔設計製図〕 9月上旬
申込期間
【一級建築士】 4月上旬~5月上旬
【二級建築士】【木造建築士】 4月中旬~4月下旬
受験料
【一級建築士】17,000円
【二級建築士】18,500円
【木造建築士】18,500円
受験資格
【一級建築士】
①大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等において、指定科目を修めて卒業した者
②二級建築士の資格を有する者
③建築設備士の資格を有する者
④その他国土交通大臣が特に認める者(外国大学を卒業した者等)

【二級建築士】【木造建築士】
①大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、職業訓練校等において、指定科目を修めて卒業した者
②建築設備士の資格を有する者
③その他都道府県知事が特に認める者で、所定の年数以上の実務経験を有する者(外国大学を卒業した者等)
④建築に関する学歴がなく、建築実務の経験を7年以上有する者
試験会場
受験者の住所地の都道府県ごとに指定された都市
試験時間
【一級建築士】
■学科:計6時間30分
■製図:6時間30分

【二級建築士】【木造建築士】
■学科:計6時間
■製図:5時間
試験方法
筆記試験(択一式)+設計製図
出題範囲
【一級建築士】
■学科
 ①学科I[計画]
 ②学科II[環境・設備]
 ③学科III[法規]
 ④学科IV[構造]
 ⑤学科V[施工]
■設計製図
 あらかじめ公表された設計課題についての設計製図

【二級建築士】【木造建築士】
■学科
 ①学科I[建築計画]
 ②学科II[建築法規]
 ③学科III[建築構造]
 ④学科IV[建築施工]
■設計製図
 あらかじめ公表された設計課題についての設計製図

お問い合わせ先 公益財団法人 建築技術教育普及センター
URL: http://www.jaeic.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年6月10日 更新