年金検定

年金検定は、公的年金等に関する専門的・実務的な知識を身に付けていることを証明する検定試験です。老齢年金の全体像はもとより、障害年金及び遺族年金の支給要件や年金額の計算、また公的医療保障の基礎についても問われるので、より幅広く深い知識を習得できます。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】※準備中
【2級】
実施日程
年2回(3月、10月)
<2019年度 第2回> 2020年3月8日(日)
申込期間
<2019年度 第2回> 2020年1月6日(月)~2月5日(火)
申込方法
WEBまたは郵送にてお申込み
受験料
4,400円(税込)
支払方法
銀行振込
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
試験時間
120分
試験方法
筆記試験(四肢択一のマークシート形式)
問題数
50問
出題範囲
①年金、医療等その他関連事項についての基礎問題(30問)
②年金、医療等その他関連事項についての応用問題(事例設定付問題、改正対応問題、空欄補充問題等)(20問)
学習の手引き
認定教育機関であるTAC株式会社にて、「年金検定2級」対策講座を実施
※日本FP協会認定FP継続教育研修認定コースになりますのでライセンス更新に活用できます。
合否基準
満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
結果発表
試験終了後、1ヶ月以内に郵送されます。
資格の更新
有効期限はありません。 また、現在のところ継続教育の義務もありません。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本金融人材育成協会
URL: https://www.kigyou-keiei.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年1月10日 更新