日本の資格・検定

資格・検定

高齢社会検定試験

日本は高齢化が最も進んだ「高齢化最先進国」として世界の先頭を歩んでいます。しかし、「高齢者及び高齢社会」に関することは知らないことだらけです。高齢社会検定は、個人の人生設計場面、企業における商品サービス開発場面、自治体や行政における制度・施策の立案場面等で活かすことができる「高齢者及び高齢社会」に関する正しい知識を提供します。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
①個人コース(試験科目:【総論】+【個人編】)
②社会コース(試験科目:【総論】+【社会編】)
③総合コース(試験科目:【総論】+【個人編】+【社会編】)
実施日程
次回未定
申込URL
http://www.cc-aa.or.jp/
申込方法
一般社団法人未来社会共創センターHP/高齢社会検定受験申込専用ページより
http://www.cc-aa.or.jp/
受験料
①個人コース:5,500円
②社会コース:5,500円
③総合コース:8,000円(各税込)
支払方法
クレジットカードまたはコンビニ決済
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
【東京会場】 東京都内会議室(予定)
【大阪会場】 大阪科学技術センター
試験時間
①個人コース(総論30分、個人編50分)
②社会コース(総論30分、社会編50分)
③総合コース(総論30分、個人編50分、社会編50分)
試験方法
筆記試験(マークシート4択)
問題数
総論20問、個人編40問、社会編40問
出題範囲
公式テキスト「東大がつくった高齢社会の教科書」(東京大学出版会、2017年)を中心に、高齢者及び高齢社会に関する一般知識から出題
学習の手引き
公式テキスト「東大がつくった高齢社会の教科書」(東京大学出版会、2017年)
合否基準
各コース70%程度
合格者には合格証書「高齢社会エキスパート」(称号)を交付
資格の更新
なし

試験主催者

一般社団法人 未来社会共創センター
URL: http://www.cc-aa.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年10月5日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。