診療情報管理士

診療情報管理士は、診療に関する情報管理のスペシャリストとして、病院で保存される診療記録の整理および管理を行い、診察や診療時にはその医療情報を現場に提供します。近年の医療現場では、電子カルテの普及や患者へのカルテ開示が進んでいるので、情報面から医療現場をサポートしたい方におすすめの資格です。

実施日程
2月中旬
受験料
受験料:10,000円  
認定料:30,000円(各税込)
受験資格
①一般社団法人日本病院会診療情報管理士通信教育を修了した者
②一般社団法人日本病院会指定大学および指定専門学校で指定単位を修得し、卒業した者 (見込みの者を含む)
試験会場
全国17会場
(北海道、宮城、栃木、東京、神奈川、新潟、長野、愛知、三重、大阪、岡山、広島、高知、福岡、熊本、鹿児島、沖縄)
試験方法
筆記試験
出題範囲
①基礎分野
(医療概論、人体構造・機能論、臨床医学総論 ほか)
②専門分野
(医療管理総論、医療管理各論Ⅰ・Ⅱ、医療情報学 ほか)
③分類法
(分類法)
備考
診療情報管理士は、日本病院会通信教育および日本病院会認定専門学校、大学にて統一されたカリキュラムで養成されており、四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)および医療研修推進財団の共同で認定された資格です。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本病院会
URL: http://www.jha-e.com

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。