自転車技士

自転車技士は、自転車の最終工程である組立や検査、整備に関する技術を認定する資格です。自転車の安全性を保障するJIS、SG、BAA、SBAAマーク付の自転車の最終組立と点検調整は、自転車技士が行うよう定められています。自転車安全整備士と非常に関連性がある資格で、同時に取得する人も多いです。

実施日程
原則として年1回 (8月)
申込期間
5月下旬~6月上旬
受験料
22,190円(税込)
受験資格
18歳以上で、自転車の組立て、検査および整備に関し、2年以上の実務経験をもつ者
試験会場
北海道、宮城県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、愛知県、滋賀県、大阪府、広島県、香川県、福岡県
試験時間
〔実技〕
②分解: 制限時間25分
③組立て: 制限時間80分
試験方法
学科試験(マークシート方式) + 実技試験
出題範囲
〔学科〕
①自転車の構造および機能に関する知識
②自転車の整備に関する知識
③自転車の組立ておよび検査に関する知識
④工業標準化法および自転車・同部品の日本工業規格ならびにSGマークおよびBAAマーク制度に関する知識

〔実技〕
①準備作業
②分解
③組立て
資格の更新
資格取得後も自転車技士としての技術と知識の向上を図るために、5年ごとに更新が必要です。

お問い合わせ先 一般財団法人 日本車両検査協会本部
URL: http://www.jvia.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月6日 更新