税理士

税理士は、税務・会計の専門家として、主に個人や企業の税金に関わるサポートを行っています。試験はかなり難しいですが、キャリアアップや独立開業、一般企業への就職にも有効で、この資格の取得者は大きなアドバンテージを発揮できます。

基本情報INFORMATION

実施日程
毎年8月
受験料
【1科目】 4,000円
【2科目】 5,500円
【3科目】 7,000円
【4科目】 8,500円
【5科目】 10,000円
受験資格
①大学・短大 (学部は関係なし) を法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修し卒業した者
②法律学または経済学に関する科目を含め62単位以上取得した大学3年次以上の学生
③司法試験の合格者
④日本商工会議所主催の簿記検定1級合格者または全国経理教育協会主催の簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限る)ほか
⑤一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学または経済学を1科目以上履修した者
⑥法人または事業を行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者
⑦銀行、信託会社、保険会社などにおいて、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上従事した者
⑧税理士・弁護士・公認会計士などの業務の補助事務に2年以上従事した者 ほか

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/shikaku/shikaku.htm
試験会場
北海道、宮城、埼玉、東京、石川、愛知、大阪、京都、広島、香川、福岡、熊本、沖縄
出題範囲
〔会計学〕
①簿記論 
②財務諸表論

〔税法〕次の①~⑨から3科目を選択 (ただし、①と②のいずれかを必ず選択すること。また、④と⑤、⑦と⑧はそれぞれどちらか一方の科目しか選択できない)

①所得税法 
②法人税法 
③相続税法 
④消費税法 
⑤酒税法
⑥国税徴収法
⑦住民税
⑧事業税 
⑨固定資産税

※上記の会計学2科目、税法のうち3科目の計5科目に合格したとき税理士の資格が与えられるが、科目合格制になっているため、一度に5科目を受験する必要はなく、何年かけて受験してもよい
試験については最寄りの各国税局 (事務所) に問い合わせる。
合否基準
各科目とも満点の60%
合格科目が会計学に属する科目2科目及び税法に属する科目3科目の合計5科目に達したとき合格者となります。
結果発表
2018年12月14日(金)

お問い合わせ先 各国税局人事第二課 (沖縄国税事務所は人事課)
試験担当係または国税庁国税審議会税理士分科会
URL: https://www.nta.go.jp/index.htm

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年9月5日 更新