日本の資格・検定

資格・検定

電卓計算能力検定

電卓計算能力検定とは、電卓の機能を理解して、正確に効率良く計算入力が行えるかを判定する検定試験です。級位が上がるにつれて計算の桁数や問題数が多くなるので、正確さのほかにスピードも要求されます。ビジネスシーンでは、主に電卓を扱う経理業務において役立てられるスキルでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【段位】
【1級】【2級】
【3級】【4級】
実施日程
年5回実施
<2021年度>
第153回:2021年7月17日(土)
第154回:2021年10月16日(土)
第155回:2021年12月4日(土)
第156回:2022年2月26日(土)
申込期間
<2021年度>
第153回:2021年5月24日(月)~6月21日(月)
第154回:2021年8月23日(月)~9月20日(月)
第155回:2021年10月11日(月)~11月8日(月)
第156回:2022年1月3日(月)~1月31日(月)
申込URL
http://www.zenkei.or.jp/
申込方法
インターネット申込み
受検料
【段位】3,000円
【1級】2,000円
【2級】1,800円
【3級】1,500円
【4級】1,200円
支払方法
・コンビニエンスストア
・ペイジー
・ネットバンキング
・クレジットカード
・キャリア決済
・プリペイド
受検資格
どなたでも受験できます。
試験会場
協会が指定した全国各地の専門学校
試験時間
【段位・1~3級】50分
【4級】40分
試験方法
筆記試験
出題範囲
【段位】
程度は1級とし、出題数は2倍とする。
【1級】
乗算(11桁)、除算(10桁)、見取算(5~10桁)、複合算(1題12桁以内)、伝票算(4~9桁)
【2級】
乗算(9桁)、除算(8桁)、見取算(4~8桁)、複合算(1題11桁以内)、伝票算(3~7桁)
【3級】
乗算(7桁)、除算(6桁)、見取算(3~6桁)、複合算(1題10桁以内)、伝票算(3~5桁)
【4級】
乗算(7桁)、除算(6桁)、見取算(3~5桁)、複合算(1題9桁以内)
合否基準
各級とも1種目100点満点とし、1級~4級は各種目とも得点70点以上を合格。
段位は1種目200点満点とし、各種目の得点が100点以上の総得点制とし、初段を500点以上、二段から50点ずつ加点して定め、全種目満点を名人とします。
結果発表
試験日から1週間後にマイページにて結果を表示
※段位は1ヵ月以内

お問い合わせ先

公益財団法人 全国経理教育協会
URL: http://www.zenkei.or.jp/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年4月26日更新

関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。

    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴