日本の資格・検定

公式記事

営業職全般に役立つ資格・検定7選

資格・検定まとめ #ビジネス

営業職全般に役立つ資格・検定7選

新型コロナウイルスの感染拡大やデジタル化の進展など、激しく変化し続ける世の中で、営業職に求められる役割も日々変わっています。

営業職を目指す方、営業職として現在働いている方の中には、自分のスキルや今後のキャリアに不安を抱く方も多いのではないでしょうか。そんなとき、資格・検定は自分の実力を証明する武器として役立つはずです。
そこで今回は、営業職全般に役立つ資格・検定についてご紹介します!資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも営業職に資格や検定って必要なの?

営業職とは顧客に自社の商品・サービスの購入を促して売買契約を結び、会社に利益をあげる仕事です。コミュニケーション能力や提案力、分析力、課題発見力など、ビジネスパーソンとして幅広いスキルが求められます。
無資格・未経験でも求人が多く、「営業職って資格がなくても大丈夫じゃない?」と思う方も多いでしょう。

確かに営業職は、医師や弁護士のように資格がなければできない仕事ではありません。
しかし、業務を効率化したり、顧客とのコミュニケーションを円滑に行ったりするためには、ある程度の専門知識が必要になります。業務に役立つ資格・検定を取得すれば、営業に必要な知識やスキルを効率的に習得できるほか、知識の再確認や自分に足りない能力を底上げすることができるでしょう。

また、自分の能力を客観的に証明できるので、転職や就職の際に評価されるなど、キャリアアップに有利に働くことも期待できます。

1.Officeソフトのスキルを証明!マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSとは、多くの会社で使用されているOffice製品のExcelやWordなどの利用スキルを証明する国際資格です。効率的に文書を作成できるようになるだけでなく、魅力的な営業資料やプレゼンテーション資料を作成できるようになるため、自社製品や自社のサービスを顧客に紹介する際に役立つでしょう。

◆受験資格:どなたでも受験できます。
◆受験料:1科目:10,780円~12,980円(税込)

2.英語力を測る!TOEIC(R) Listening & Reading Test

最も人気のある英語系資格の一つであるTOEIC。グローバル化が進む近年では、外資系企業に限らず日系企業でも語学力を持つ人材は高く評価されています。
海外に顧客を持つ企業で営業職として従事する場合は、英文メールや英語でのプレゼンテーションなど英語を用いた業務が求められます。そのため、英語力があればその分採用されやすく、大きなアドバンテージになるでしょう。

◆受験資格:どなたでも受験できます。
◆受験料:7,810円(税込)

3.地方のルート営業に役立つ!自動車運転免許

外回りが業務内容に含まれる場合は、営業先を訪問するために何らかの移動手段が必要です。職場が交通の便に恵まれている都市部などに立地していない場合、自動車を使って移動することが求められるため、自動車運転免許は欠かせません。会社によっては採用時の応募資格に免許取得を条件としていることもあります。

◆受験資格
【第一種免許】
・普通自動二輪・小型特殊・原付:16歳以上の方
・普通・準中型・大型特殊・大型自動二輪:18歳以上の方
◆受験料
【第一種免許】
・普通: 5,400円 

4.営業力のアップに!セールススキル検定

セールススキル検定とは、営業に必要な「行動力」「顧客と仲良くなる力」「論理的なプレゼンテーション能力」を測定・スコア化・認定する検定です。自分の持つセールススキルを客観的に証明できる上、営業力のアップにもつながります。
結果を求められる営業職において、営業力を上げたい方やスキルアップを狙っている方におススメの検定です。

◆受験資格:
【1級】2級資格保持者であり、セールス実務経験が5年以上であること。
【2級】3級資格保持者であり、セールス実務経験が3年以上であること。
【3級】どなたでも受験できます。
◆受験料:
【1級】22,000円
【2級】19,800円
【3級】9,900円(各税込)

5.「伝える力」を測定!プレゼンテーション検定

プレゼンテーション検定とは、「伝える力」を測る総合的な試験を実施し、その能力を測る検定です。
自社の製品やサービスのメリットを的確に顧客に伝えるためのプレゼンテーション力をあげることで、自社商品の魅力を顧客に最大限にアピールし、売上向上につながるでしょう。

◆受検資格
【1級】準1級合格者
【準1級】2級合格者
【2級】準2級合格者
【準2~準3級】どなたでも受検できます。
◆受検料
【1級】16,500円 【準1級】11,000円
【2級】11,000円 【準2級】7,700円
【3級】 5,500円 【準3級】3,300円(各税込)

6.正しい法律知識が身に付く!ビジネス実務法務検定®

ビジネス実務法務検定は、営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で通用する法律知識が習得できる検定です。商談を重ねて契約をまとめる場面が多い営業職にとって、契約書に関する規定・ルールの知識は欠かせません。
正しい法律知識を得ることで業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。営業職を目指す方だけでなく、将来管理職候補を目指す方にも、おススメの検定です。

◆受検資格
【1級】 2級合格者
【2・3級】どなたでも受験できます。
◆受検料
【1級】9,900円
【2級】7,700円
【3級】5,500円(各税込・別途CBT利用料)

7.販売のノウハウを学ぶ!リテールマーケティング(販売士)検定

リテールマーケティング(販売士)検定とは、販売・接客技術をはじめとして、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングまで、多岐にわたる実践的な専門知識が身に付く流通・小売業界では唯一の公的資格です。
業務や業態を問わず、小売・流通業の成り立ちや商品戦略について学ぶことで、販売のあらゆるノウハウを得ることができます。

◆受検資格:どなたでも受験できます。
◆受検料
【1級】7,850円
【2級】5,770円
【3級】4,200円(各税込)
※上記の受検料の他に、別途、事務手数料として、受検者1名あたり550円(税込)がかかります。


以上、営業職に役立つ資格・検定7選でした!

いかがでしたか?
今回は特定の業界に関わらず、営業職全般に役立つ資格をまとめました。
営業職にとって実務経験やコミュニケーションスキルはもちろん重要ですが、取得した資格を実際の業務に活用することによって、業務の効率化や営業成績の向上に役立てることができます。自分の目的に合った資格・検定を取得して、営業力の強化に役立ててくださいね。


※今回の記事は紹介している資格・検定は、編集部が独自に選んだものになります。

人気記事ランキング

関連記事