日本の資格・検定

公式記事

2019年版!これから需要が高まる資格・検定ランキングTOP10

まとめ・ランキング #アンケート

2019年版!これから需要が高まる資格・検定ランキングTOP10

初の日本開催となったラグビーW杯や天皇陛下の即位など、2019年は日本のおもてなしや文化が国内外から大きな注目を集める年になりましたね。

五輪も迫り、今後も日本の魅力を伝える「国際力」や「おもてなし力」がさらに問われるのではないでしょうか。

一方で「手に職」系資格の台頭も要チェックの「これから需要が高まる資格・検定TOP10」をご紹介します!

※2019年10月9日~11月12日までの期間、当サイトユーザー向けにアンケートを実施し、その回答を集計してランキング化しました。
※この記事の内容およびコメントは、アンケートキャンペーンにてご応募いただいたご回答を元にしています。なお、コメントは一部修正している場合がございます。また、コメントの採用基準等についてのご質問にはお答えできませんので、何卒ご了承ください。

「就職に役立つ資格・検定」「人におススメしたい資格・検定」と同じく、「これから需要が高まる資格・検定ランキング」でも、英検が第1位に輝きました!
グローバル社会を見据えて英語力を重視するコメントや、五輪に向けて、国内にいても最低限の英会話能力を求めるコメントが数多く集まっています。
また、アンケートの募集期間中に話題となった"大学入試共通テストでの活用"も得票が多くなった一因のようです。

  • female

    20代 女性 教師、公務員など外国人が増えており、就職活動でもアピールポイントになると思います。

  • female

    30代 女性 クリエイティブ系グローバル社会には欠かせない英語はこれから必ず必要になる。

第2位はTOEIC(R) Listening & Reading Testです!1位と同様、「グローバル社会」「国際化」「世界で通用」といったキーワードを含むコメントがアンケートでも多く挙がりました。
グローバル人材を育成するために企業や学校でもTOEIC(R)の受験を推奨するケースが増えつつあるので、今後も大注目の資格です。

  • female

    20代 女性 教師、公務員など諸外国との交流において、求められる機会は少なからずあると思うから。

  • male

    20代 男性 サービス、販売系仕事で店頭に立っていると海外から観光に来た人が多いから。

第3位には介護福祉士がランクインしました!昨年度に引き続き、TOP3入りです。
厚生労働省の2018年の発表によれば、2025年には約55万人の介護職員が不足するともいわれており、その中でも介護福祉士は介護福祉分野唯一の国家資格として需要が高まるばかり。地域に関わらず、介護業界を支える重要な役割として活躍の場は増えていくでしょう。

  • female

    30代 女性 その他少子高齢化であり、常に人手が足りない状況であるため、賃金問題が解消されると、需要が高まるのではないかと思いました。

  • male

    60代以上 男性 その他今後も高齢化とともに介護が必要な方が増えることは確実だから。

  • female

    30代 女性 その他 これから年金問題などますます深刻化していくと思うので、お金のことに関して自分で判断する力を付けるため。

  • female

    50代 女性 その他老後2000万円など先行きに不安を抱えている人が多いと思うから。

  • male

    40代 男性 営業、事務、企画系企業人として企業財務を理解する力は必須だから。

  • male

    50代 男性 技術系(ソフトウェア、ネットワーク)技術者でも会社の利益のことを考えて仕事をすべきなので、2級レベルの知識を持っていると良いと思います。

  • male

    30代 男性 技術系(電気、電子、機械)高齢化社会になくてはならない介護に対する資格だから。

  • female

    30代 女性 技術系(素材、食品、メディカル)高齢化社会のこれから必ず重要が高まる。

  • female

    30代 女性 クリエイティブ系どこに行っても必ずと言っていいほど募集があり、給料も高い。

  • female

    30代 女性 技術系(素材、食品、メディカル)医療も介護でも必要。

  • male

    19歳以下 男性 学生仕事で日常的な漢字が書けるようになるから。

  • male

    40代 男性 サービス、販売系お客さまの目の前で文字を書くこともあるので勉強するいい機会になったと思う。

  • female

    30代 女性 営業、事務、企画系昨今、不動産業界の伸び率が高いので、急いで受験するという話をよく聞きます。不動産業界や金融業界の就職に有利になるかなと思います。

  • male

    30代 男性 サービス、販売系不動産系で働きたいならほぼ必須。五輪や万博で業界が盛り上がってる気がする。

  • female

    20代 女性 営業、事務、企画系英語が話せて当たり前の社会になると思うから。

  • male

    30代 男性 技術系(電気、電子、機械)より国際化が進むと思うから。

ピックアップ資格・検定

中国語検定試験
語学・国際ビジネス 中国語検定試験

中国語検定試験は中国語に関する能力を準4級から1級までの6段階で判定する資格で、年間3万人以上が受験しています。「読む・聞く・書く・話す」の4技能だけではなく、「訳す」能力を測ることができるのが特徴です。級によって基本的な単語や文法の習得からビジネスシーンでのコミュニケーションまでをカバーするので、将来的に中国語を仕事に生かしたいという方や中国語を使う仕事に就いてみたいと考えている方にはおススメの資格です。

検定詳細
  • male

    30代 男性 営業、事務、企画系中国人観光客が定着してきているので、中国語ができる人材は今後重宝されると思います。

こころ検定(R)
健康・心理・スポーツ こころ検定(R)

こころ検定は、心理学やメンタルヘルスの知識を学ぶことで自分自身と周囲の人のストレスケアやメンタルサポートができる検定です。自分の成長に生かしたいという中高生からその保護者、職場の環境づくりに役立てたいというビジネスパーソン、知識をさらに深めたいと考える心理の専門家まで幅広い方が受験できるよう、目に見えないこころの知識が体系的にまとめられています。2018年からは文部科学省が後援となっています。

検定詳細
  • female

    40代 女性 技術系(建築、土木)仕事やSNSでもメンタルが疲労しやすい現代社会なので、今後必要とされる資格になりそう。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨年のランキングはこちら

就職に役立つ資格・検定TOP30 2018

人気記事ランキング

関連記事