介護食士

介護食士は、介護を必要とする人の身体状態に合った食事を作るエキスパートです。要介護者の病気やけがの状態に適した介護食や病態食などの、調理技術や栄養学の知識を身に付け、栄養源かつ楽しみでもある食生活をサポートする大切な役割を担っています。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
協会指定の認定校により異なります。
受験料
受講料:70,000~90,000円
※協会指定の認定校により異なります。
資格申請料:6,600円
受験資格
【1級】協会指定の認定校において介護食士2級資格を取得後、
    介護食調理実務に2年以上従事している25歳以上の者
【2級】協会指定の認定校において介護食士3級資格を取得した者
【3級】どなたでも受講できます。
試験会場
【1級・2級・3級】 全国54の協会指定の認定校
試験方法
講習+修了試験
出題範囲
【1級】
〔座学〕
①医学的基礎知識
②関係法規
③栄養学 
④食品学 
⑤食品衛生学

【2級】
〔座学〕
①医学的基礎知識 
②高齢者の心理 
③栄養学 
④食品学 
⑤食品衛生学

【3級】
〔座学〕
①介護食士概論
②医学的基礎知識
③高齢者の心理
④栄養学
⑤食品学
⑥食品衛生学
合否基準
修了試験受験資格:出席率80%以上
修了試験の合格点:実技・筆記ともに60点

お問い合わせ先 公益社団法人 全国調理職業訓練協会
URL: http://www.kaigosyokushi.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。