日本健康マスター検定

【文部科学省が新たに後援】日本健康マスター検定は、健康知識・リテラシーを高め、自身の健康づくりと地域・職域での健康リーダーを育てる検定で、17年2月にスタートし既に3万名を超える健康マスターが誕生しています(20年4月現在)。日本医師会後援・監修協力、日本歯科医師会・日本看護協会・日本薬剤師会ほか32の団体が後援。最新の健康知見に基づく検定で、貴方の健康リテラシーレベルを評価、認定いたします。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

1年以内に受験

中々難しかった。隅々勉強しないとと思いました。過去問一つも出なかったです。

基本情報INFORMATION

試験級
【ベーシック・コース】
【エキスパート・コース】
実施日程
<第11回>
2021年3月7日(日)
申込期間
<第11回>
2020年12月15日(火)〜2021年1月26日(火)
申込方法
インターネット申し込み
受検料
【ベーシック・コース】5,000円
【エキスパート・コース】8,000円(各税込)
支払方法
クレジットカード決済またはコンビニ決済
受検資格
どなたでも受験できます。
試験会場
東京、大阪、名古屋、札幌、福岡ほか、計43都市にて実施
試験時間
【ベーシック・コース】60分
【エキスパート・コース】80分
試験方法
マークシート方式(四肢択一)
出題範囲
①健康リテラシーの重要性
②食生活と健康
③嗜好の見直し
④運動と健康
⑤睡眠と心の健康
⑥がん対策
⑦救急の知識
⑧高齢の家族の健康
⑨女性の健康
⑩口の健康
⑪感染症の予防
⑫健康を支える仕組み
⑬健康の啓発(エキスパートのみ)
学習の手引き
「日本健康マスター検定公式テキスト」
https://kenken.or.jp/page/text
合否基準
【ベーシック・コース】
正答率75%以上(第一回試験では70%)
合格率の目安70〜80%

【エキスパート・コース】
正答率75%以上(第一回試験では70%)
合格率の目安50〜60%
資格の更新
認定証の有効期間は4年間です。
セミナーを受講いただくことで更新できます。
備考
新型コロナウイルス感染症の対応として、受検者には試験範囲となる公式副読本を無料で提供しています。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本健康生活推進協会
URL: https://kenken.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年1月15日 更新