金融業務能力検定

金融業務能力検定は、若手職員から中堅職員にまで幅広く必要とされる基本的な業務知識・実務への対応力を測る試験です。金融機関に求められている役割が多様化している中、基本的な金融知識をはじめとして、マイナンバーや企業経営にまつわるコースが設けられ、実務遂行能力を問う試験問題を中心に出題されます。

基本情報INFORMATION

試験級
【等級Ⅰ】DCプランナー1級
【等級Ⅱ】金融業務2級、DCプランナー2級
【等級Ⅲ】金融業務3級
【等級Ⅳ】金融業務4級
【等級設定なし】
コンプライアンス・オフィサー
個人情報保護オフィサー
マイナンバー保護オフィサー
AML/CFTスタンダードコース
AML/CFTスタンダード

実施日程
随時

※金融業務2級〔預金コース、融資コース〕、DCプランナー1、2級のみ下記
<2019年度>
■1月回:2020年1月26日(日)
DCプランナー1級
申込期間
随時

※金融業務2級〔預金コース、融資コース〕、DCプランナー1、2級のみ下記
<2019年度>
■1月回
受験申請書請求期間:2019年10月1日(火)~11月26日(火)
受験申請受付期間:2019年11月13日(水)~12月3日(火)
申込方法
WEB申し込み

※金融業務2級〔預金コース、融資コース〕、DCプランナー1、2級のみ郵送申込も可。
受験料
3,300円
金融業務4級〔実務コース〕

4,400円
金融業務3級〔預金コース、融資コース、法務コース、財務コース、税務コース、業種別ベーシックコース、事業性評価コース、シニアライフ・相続コース、個人型DC(iDeCo)コース〕、コンプライアンス・オフィサー〔銀行コース、生命保険コース、クレジット会社コース〕、個人情報保護オフィサー〔銀行コース、生命保険コース〕、マイナンバー保護オフィサー、AML/CFTスタンダードコース、AML/CFTスタンダード〔生命保険コース、証券コース〕

5,500円
金融業務3級〔事業承継・M&Aコース〕

6,050円
金融業務3級〔ABL・動産評価コース〕、金融業務2級〔法務コース、財務コース、税務コース、預金コース、融資コース、アグリビジネスコース、医療・介護コース、建設・不動産コース、製造業コース、海外進出・取引コース、資産承継コース〕

6,600円
DCプランナー2級

7,700円
金融業務2級〔事業承継・M&Aコース、財務戦略コース〕

11,000円
金融業務2級〔事業再生コース〕、DCプランナー1級
試験時間
【等級‐】100分 ※DCプランナー1級のみ基礎編150分+応用編120分
【等級Ⅱ】120分 ※DCプランナー2級のみ150分
【等級Ⅲ】100分
【等級Ⅳ】60分
試験方法
CBT方式

※金融業務2級〔預金コース、融資コース〕、DCプランナー1、2級のみ紙試験
合否基準
【等級-・Ⅱ】正答率70%以上で合格
【等級Ⅲ・Ⅳ】正答率60%以上で合格
備考
■AML/CFTオフィサー、AML/CFTオーディター養成講座・検定試験についてはこちら
https://www.kinzai.or.jp/information/aml_cft

■DCプランナー1・2級についてさらに詳しい情報はこちら
https://jpsk.jp/examination/dc.html

お問い合わせ先 一般社団法人 金融財政事情研究会
URL: https://www.kinzai.or.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年12月16日 更新