国家公務員一般職

国家公務員一般職の試験は、主に事務処理などの定型的な業務に従事する職員の採用試験です。一般職職員は政策の実行や運営を担当し、1つの分野を突き詰める専門的な仕事をする場合が多いため、スペシャリストとなる人が多いことが特徴となっています。

実施日程
試験によって異なります。
詳細は人事院のホームページをご確認ください。
受験資格
【大卒程度試験】
21歳以上30歳未満の方
※大学・短大又は高専の卒業および卒業見込みの方は21歳未満でも受験できます。

【高卒者試験】
高校卒業見込み、または卒業後2年以内の方
※中学卒業後2年以上5年未満の方も受験できます。

【社会人試験 (係員級)】
40歳未満の方
※高卒者試験の受験資格を有する方を除く
試験会場
全国主要都市
出題範囲
【大卒程度試験】
〔第一次試験〕
 ①基礎能力試験(多肢選択式)
 ②専門試験(多肢選択式)
 ③一般論文試験
〔第二次試験〕人物試験

【高卒者試験】【社会人試験】
〔第一次試験〕
 ①基礎能力試験(多肢選択式)
 ②適性試験(多肢選択式)
 ③専門試験(多肢選択式)
 ④作文試験
〔第二次試験〕人物試験

お問い合わせ先 人事院各地方事務局
URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月28日 更新