POP広告クリエイター

POP広告クリエイターは、店頭を飾る広告であるPOP広告の企画・制作スキルを測る検定試験です。POP広告は販売促進ツール・コミュニケーションツールとして消費者の行動に大きな影響を与えるので、小売業やサービス業に従事する人におススメの検定の一つです。

実施日程
年2回(8月、2月)
申込期間
5月中旬~6月下旬
11月下旬~翌年1月上旬
受験料
5,400円
(ほかに郵送切手代として164円が必要)
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
札幌、新潟、東京、名古屋、大阪、福岡 (予定)
試験時間
〔学科〕 30分
〔実技〕 160分
試験方法
学科試験+実技試験
問題数
〔学科〕 正誤式で50問
〔実技〕 手書きによるPOP広告作成
出題範囲
店舗、サービス機関等における販売促進知識および、販売促進ツール、コミュニケーションツールとしてのPOP広告作成に必要な能力

〔学科〕 正誤法 (○×形式)
①販売促進一般とPOP広告
②POP広告の種類と役割 (取付場所による分類)
③POP広告作成の一般知識
④POP広告作成に使用する用具、用紙の種類、用途および使用方法
⑤POP広告の展示方法

〔実技〕 
POP広告構成能力、POP広告作成技術

①レタリング(角ゴシック、丸ゴシック)
②装飾文字による横長熟語
③ショーカード作成
④プライスカード作成
⑤ポスター風POP作成
合否基準
合格ラインは、学科、実技それぞれ100点満点で各60点以上

お問い合わせ先 一般社団法人 公開経営指導協会 技能審査係試験事務センター
URL: http://www.jcinet.or.jp/exam/pop/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年4月13日 更新