プレ検®(プレゼンテーション検定)

この検定では、「伝える力」を測る総合的な試験を実施し、その能力を測ります。自らのプレゼンテーション力を証明する基準、また人材を評価するための客観的な基準となり、「伝える力」を学ぶことは仕事や学業で活用できるだけでなく、就職、転職、昇進昇格に有利となるでしょう。

試験級
【1級】【準1級】
【2級】【準2級】
【3級】【準3級】
実施日程
プレ検は毎月ネット受検を実施しています。
毎月第1土曜日~第2土曜日
申込期間
毎月受検期間開始日の2日前まで
受験料
【1級】16,200円
【準1級】10,800円
【2級】10,800円
【準2級】7,560円
【3級】5,400円
【準3級】3,240円 (各税込)
支払方法
以下の中からお選びください。

・クレジットカードでのお支払い
・コンビニでのお支払い
・銀行振り込みでのお支払い
・郵便振替でのお支払い
受験資格
【1級】準1級合格者
【準1級】2級合格者
【2級】準2級合格者
【準2~準3級】誰でも受検できる
試験時間
【1級】論文:15分、実技:10分、面接:10分
【準1級】60分
【2級】論文:時間・枚数制限なし、実技:5分以内
【準2級】45分
【3級】30分
【準3級】30分
試験方法
【1級】会場受検(論文+実技+面接)
【準1級】コンピュータ試験
【2級】書類選考(論文提出+実技動画提出)
【準2~準3級】コンピュータ試験
問題数
【1級】テーマを当日出題
【準1級】50問記述式
【2級】テーマを事前に出題
【準2級】50問
【3級】50問
【準3級】50問
難易度
【1級】
プロフェッショナル・プレゼンターとして、目標達成の精緻な戦略を立案できる。そして、難度の高いコンテンツのシナリオ化とビジュアル化ができる。さらには、相手の状況に合わせて表現力豊かに伝達できる技能を有している。

【準1級】
プレゼンテーションについて広範囲な知識を有し、その深い理解とともに応用力のある伝達技術を有している。

【2級】
プレゼンテーションの目標を達成するための戦略を立てることができる。そして、論理的なシナリオを構築できる。さらには、説得力のある伝え方ができる。

【準2級】
説得力のあるプレゼンテーションを行うための必要十分な知識を有している。

【3級】
一般的な内容のプレゼンテーションを行うための準備の仕方やシナリオの組み立て方、伝達のノウハウを習得している。

【準3級】
プレゼンテーションを行うための基本的な知識を有している。
合否基準
【1級】各80点以上
【準1級】80点以上
【2級】各80点以上
【準2級】80点以上
【3・準3級】70点以上

お問い合わせ先 一般社団法人 プレゼンテーション検定協会
URL: https://acep-jp.com/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。