潜水士

潜水士は、潜水作業において必要不可欠な資格です。潜水士免許が必要となる業務は、水中での土木作業やサルベージ作業、船舶の補修、水産物採取、海洋調査、救助作業などが挙げられます。減圧症や窒素酔いといった高気圧障害などのリスクを伴う作業ですが、特殊な技能を活かせるやりがいのある仕事でしょう。

実施日程
年4~6回
4月 6月 7月 10月 12月 翌年2月
(各地区安全衛生技術センターによって異なる)
申込期間
試験センター郵送: 試験日の2カ月前~14日前
窓口持参: 試験日の2カ月前~2日前
※試験定員に達したときは受付期間内であっても締め切る
受験料
6,800円 (非課税)
受験資格
誰でも受験できる

※ただし、18歳未満の者は合格しても満18歳になるまで免許証の交付はされない。また、本人確認証明書 (指名、生年月日および住所を確認できる種類) の添付が必要となる (住民票記載事項証明書または住民票、健康保険被保険者証の写し、労働安全衛生法関係各種免許証の写し、自動車運転免許証の写しなど)
学校の卒業証明書は原本に限られる
試験会場
北海道 (恵庭)、東北 (岩沼)、関東 (士原)、中部 (東海)、近畿 (加古川)、中国四国 (福山)、九州 (久留米) の各安全衛生技術センター
試験時間
4時間
試験方法
筆記試験
出題範囲
①潜水業務 10問 (30点)
②送気、潜降および浮上 10問 (25点)
③高気圧障害 10問 (25点)
④関係法令 10問 (20点)

※詳しい実施時間
①と②: 10:00~12:00
③と④: 13:30~15:30

お問い合わせ先 公益財団法人 安全衛生技術センター
URL: http://www.exam.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年9月27日 更新