ソムリエ

ソムリエは、ワインに対する知識や技術を活かして飲食サービスを行なうための資格です。レストランなどでワインの仕入れや接客、品質管理、販売促進など、ワインに関するすべての業務を担当します。取得すると、ソムリエとしての能力が証明でき、顧客の信頼度を高めることができます。

受験料
◆一般: 25,440円~
◆会員: 17,210円~
受験資格
◆一般: 20歳以上で、第一次試験日において、ワインおよびアルコール飲料を提供する飲食サービス業経験を3年以上有し、現在も従事している者

◆会員: 20歳以上で日本ソムリエ協会正会員として2年以上経過し、現在も会員であり、以下の職務経験を2年以上有し、第一次試験日においても従事している者
(アルコール飲料を提供する飲食サービス、ワイン・酒類飲料の仕入れ、管理、輸出入、販売、教育機関講師、酒類製造 ほか)
試験会場
〔第一次試験〕
札幌、盛岡、仙台、東京、長野、名古屋、京都、大阪、広島、岡山、高松、福岡、鹿児島、那覇など全国約30ヵ所

〔第二次試験〕
札幌、仙台、東京、大阪、福岡、那覇など全国約15ヵ所
試験方法
筆記試験+実技試験+書類審査
出題範囲
〔第一次試験〕筆記試験
〔第二次試験〕テイスティング+論述試験
〔第三次試験〕サービス実技(ワインの開栓およびデカンタージュ)
〔書類審査〕 第三次試験を通過された方のみ
備考
ソムリエ資格取得後3年を経過して10年以上の経歴を有し、なおかつ現在も従事しているシニアソムリエ資格試験の合格者はシニアソムリエとして認定されます。なお、シニアソムリエ資格試験は毎年実施されます。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本ソムリエ協会
URL: https://www.sommelier.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。