ビジネス数学検定

ビジネス数学検定は、ビジネスパーソンに必要とされる実用的な数学力・数学技能を測定する検定です。数学力を「把握力・分析力・選択力・表現力・予測力」の5つの力に分類し、ビジネスのシチュエーションに合わせた形で出題することによって、これらの力の習熟度を測ります。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
<第49回>
2018年2月1日 ~ 2018年2月28日
※開催期間中であれば、いつでも受験可能

<第50回>
2018年4月1日 ~2018年4月30日
※開催期間中であれば、いつでも受験可能
申込期間
<第49回>
2018年2月1日 ~ 2018年2月27日 22時まで

<第50回>
2018年4月1日~2018年4月25日 22時まで
受験料
【1級】6,480円
【2級】4,320円
【3級】2,160円
支払方法
・コンビニエンスストアで支払い
・クレジットカードで支払い

※コンビニエンスストア支払いは検定最終日の4日前まで、クレジットカード支払いは検定最終日の前日まで。
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
インターネットにつながったコンピュータをお持ちであれば自宅でも受検可能
試験時間
【1級】90分
【2級】60分
【3級】60分
試験方法
五者択一問題
出題範囲
【1級】 
〔把握力〕
集合の把握・論理的な文章把握・グラフからの相関関係の把握・高度な統計処理・作業工程の把握・品質管理 など
〔分析力〕
損益分岐点分析・財務諸表分析・キャッシュフロー現在価値分析 (DCF法・NPV法・IRR法)・クリティカルパス分析・ポートフォリオ分析 など
〔選択力〕
確率や期待値による選択・株式投資・財務諸表分析や投資指標を基にした選択・デシジョンツリーを用いた選択・ゲーム理論 など
〔予測力〕
加重平均を用いた予測・相乗平均を用いた予測・統計に基づく予測・複数のデータに基づく予測・マクロ経済学による予測・ミクロ経済学による予測 など
〔表現力〕
バブルチャートによる表現・ベん図による表現・対数グラフによる表現・統計分析結果の表現・三次元グラフによる表現 など

【2級】 
〔把握力〕
簡単なデータの把握・平均値の把握・時差の把握・集合の把握・論理的な文章把握・グラフからの相関関係の把握・商品の位置づけの把握 など
〔分析力〕
金利の計算・為替差益の計算・仕入原価の計算・債券利回りの計算・税額 (所得税など) の計算・損益分岐点分析・財務諸表分析 など
〔選択力〕
スコアシートによる選択・割合を用いた選択・確率や期待値による選択・株式投資・財務諸表分析や投資指標を基にした選択 など
〔予測力〕
平均変化率を用いた予測・一次関数・連立方程式を用いた予測:データに基づいた業績の予測 など
〔表現力〕
図表の適切な使用法・関数のグラフ表現・バブルチャートによる表現:レーダーチャートによる表現・三角グラフによる表現・ベん図による表現

【3級】 
〔把握力〕
グラフの把握 (折れ線グラフ・棒グラフ・円グラフなど)・労働時間の把握・給料の把握・簡単なデータの把握・平均値の把握・時差の把握・集合の把握 など
〔分析力〕
定価・利益の計算・売上高の計算・割合を用いた計算・金利の計算・為替差益の計算・仕入原価の計算・債券利回りの計算・税額 (所得税など) の計算 など
〔選択力〕
交通機関の選択・数値の比較による選択・スコアシートによる選択・割合を用いた選択・期待値による選択 など
〔予測力〕
到着時刻の予測・平均を用いた予測・加重平均を用いた予測・一次関数を用いた予測・連立方程式を用いた予測 など
〔表現力〕
折れ線グラフでの表現・棒グラフでの表現・円グラフでの表現・図表の適切な使用・関数のグラフ表現・バブルチャートによる表現 など
合否基準
各階級とも合格点は70点。
1級のみ、A合格 (70点以上)、AA合格 (80点以上)、AAA合格 (90点以上) の合格ランクを設定している。

お問い合わせ先 公益財団法人 日本数学検定協会
URL: https://www.su-gaku.biz/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。