日本の資格・検定

資格・検定

宅建マイスター

宅建マイスターは「宅地建物取引のエキスパート」です。取引に内在するリスクを予見し、緻密かつ丁寧な調査を行い、それを重説・契約書に反映し安全な取引を成立させる能力を有する、いわば「上級宅建士」として、一般消費者の高い信頼を得られる称号と言えます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験方法
記述式試験
実施日程
年1回(1月)
<2022年度>
2023年1月25(水)
申込期間
<2022年度>
2022年9月30日(金)〜2023年1月11日(水)
申込URL
https://www.retpc.jp/meister/
受験料
15,000円(税込)
受験資格・対象者
現在、宅建業に従事している方の内、以下の要件のいずれかを満たしている方で、試験当日、有効な宅地建物取引士証を提示できること。

①宅地建物取引士証取得後、5年以上の実務経験を有していること。
②実務経験は5年未満だが、当センターが実施する「不動産流通実務検定”スコア”」で600点以上を得点していること。
試験会場
東京、大阪
試験時間
90分
出題範囲
売買契約、重要事項説明
学習の手引き
宅建マイスター集中講座
https://www.retpc.jp/meister/training/#kouza
資格の更新
宅建マイスター認定後は5年ごとの更新が必要です。
更新手数料:15,000円

試験主催者

公益財団法人 不動産流通推進センター
URL: https://www.retpc.jp/meister/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年7月29日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。