日本の資格・検定

読みもの

5カ国語習得の秘訣とは?天才サーファー・五十嵐カノアに聞いた【気になるあの人を深堀り】

インタビュー

5カ国語習得の秘訣とは?天才サーファー・五十嵐カノアに聞いた【気になるあの人を深堀り】

【気になるあの人を深堀り~五十嵐 カノア編~】
パリ五輪出場権を獲得する一方で、ハーバード大学の経営大学院であるハーバードビジネススクールで勉学にも励むプロサーファーの五十嵐 カノア選手。アスリートと大学院生の二刀流を叶えるカノア選手の考え方や習慣を探る。

語学習得に向けて勉強に励んでいる人も多いはず。

プロサーファーとして海外を転戦しているカノア選手は、5カ国語を話すペンタリンガルとしても有名。どのように語学を習得したのか、そのコツを教えてもらった。

お話を伺ったのは……

五十嵐 カノアさん
1997年生まれ。カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。木下グループ所属。3歳でサーフィンをはじめ、2016年史上最年少、アジア人で初めてプロサーフィンの最高峰WSLチャンピオンシップに参戦。2021年東京オリンピックで銀メダルを獲得。2023年アジア最上位枠を獲得し、パリ五輪出場権を獲得。


カノア選手にとって、一番難しい言語は?

カノア選手が習得しているのは、英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語。

だが本人は、「5カ国語じゃなくて、4カ国語かな。今、フランス語は勉強中で、聞き取りは100%分かるんだけど、たまに言いたいことがちゃんと出てこないので、まだ『話せる』というだけの自信はないですね」と謙遜する。

日本人両親の元に生まれ、カリフォルニア在住と聞けば、メインは日本語か英語、と思いきや、なんと一番使うのはポルトガル語だという。

ポルトガル語を話す友達が子どもの頃から多かったのもあるかな。

サーフィン仲間と話すときや、WhatsApp(ヨーロッパ版LINE)でのやり取りは全てポルトガル語ですね」(五十嵐 カノアさん。以下同)。

家族や日常生活での会話は英語。その次に多いのはスペイン人の友人も多いためスペイン語。そして一番難しいのは「日本語ですね」と苦笑する。

だが、難しい単語が次々と飛び出す程に習得度は高い。これ程までに多言語を操る秘訣は一体……。

語学もサーフィン競技も大切なことは一緒

5カ国語をどのように習得したかというと、やはり実践あるのみという。

「とにかく喋ることですね。

フランス語を習得するときにDuolingoという語学アプリも使ってみましたが、やっぱり僕には実践が向いているみたいで。

さっきフランス語はまだまだ、と伝えましたが、フランス人の友達が周りにあまりいないこともあり、勉強が思うように進まないんです。

話すチャンスを増やすために、まずは友達をつくりたいな、と思ってます」。

単語は合っているのか、文法は間違ってないか。そんな心配から、なかなか会話に踏み出せない、というのはよくあること。

だが、「分からなくても、トライすることが大切」とカノア選手は言う。

競技も語学も同じ、ネバーギブアップの精神です。間違えても、恥ずかしくても、トライするしかない。

もしかしたら変なことを言って、周りに笑われるかもしれない。でも、それは仕方のないこと。

それでも勇気を持って頑張って話しているんだ、ということを伝えていけば、周りにサポートしてもらえるし、それが一番早く成長できるコツだと思っています」。

分からない単語に出会ったとき、カノア選手はどうする?

また、単語を聞き取れないときは、想像をすることも大切だという。

「日本語でも全然知らない言葉をたくさん聞きます。

そんなときは、前後の単語や文脈、相手の声のトーンで、なんとなく自分なりにジャッジ

大切なのは、それに対して、自信を持って答えること

自信を持って答えれば、分かっていなくても会話はスムーズに進むし、スルーするよりも早く習得できる。

できなくても自信を持ってトライして!


失敗しても失うものはない。カノア選手のアドバイスのように、臆せずトライして、実践力を身につけよう。

撮影=佐野 美樹
取材・文=林田 順子

人気記事ランキング

関連記事