食品安全検定

食品安全検定は、食に関する問題を科学の力で解決していく力を養い、より安全な食文化の創造に寄与する人材を育成するためにつくられた、比較的新しい検定試験です。2017年には食品安全の指導的な役割を目指す方々を対象とした上級検定がはじまる予定となっています。

実施日程
毎年2回 (3月 9月)
受験料
◆個人受験の場合
【初級】6,000円
【中級】8,000円 (各税別)
支払方法
個人でお申し込みの場合は、次の3通りからお選びください。
・クレジットカード
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy (ペイジー) 決済

※受験チケットの事前購入による団体受験が可能です。
購入方法は、食品安全検定協会にお問い合わせください。
受験資格
【初級】 どなたでも受験できます。
・食品製造、流通、外食産業等での食の安全の新人教育に
・食の安全に関心をお持ちの方
・食に関わる仕事につきたい方

【中級】 どなたでも受験できます。
・食の安全に関する現場のリーダーを目指す方
・食の安全管理に対する責任を担っている方
試験会場
全国のCBTS認定試験会場にて受験可能です。
試験時間
【初級】60分
【中級】90分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)

【初級】択一問題
【中級】択一問題、正誤問題、事例問題
問題数
各級 50問
出題範囲
①食の安全とは
②危害要因
③安全・衛生管理
④食品安全法令
⑤マネジメントシステム
学習の手引き
中央法規出版株式会社より、公式テキストが発売されています。
詳しくは食品安全検定公式ホームページ「テキストのご案内」をご覧ください。
URL:http://fs-kentei.jp/textbook/
合否基準
【初級】70点以上 (100点満点)
【中級】80点以上 (100点満点)
結果発表
試験終了と同時に確認できます。

お問い合わせ先 一般社団法人 食品安全検定協会
URL: http://fs-kentei.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。