実用日本語検定

実用日本語検定(J.Test)とは、外国人の日本語能力を客観的に測定する試験です。留学生や日本語学校生など、年間約7万人が受験しています。試験では生きた表現が多く取り上げられているとともに、聴解試験の割合も多いので、実践的な日本語力を試すことができます。

基本情報INFORMATION

試験級
【A-Cレベル試験】上級レベル
【D-Eレベル試験】初級・中級レベル
【F-Gレベル試験】入門レベル
実施日程
【A-Cレベル試験】年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)
【D-Eレベル試験】年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)
【F-Gレベル試験】年3回(3月、7月、11月)

詳しくはこちらをご覧ください
http://j-test.jp/sample-page/schedule
受検料
4,800円
受検資格
母語が日本語でない方
試験会場
年6回実施
東京、名古屋、大阪、福岡

年3回実施
札幌、仙台、静岡、神戸、京都、広島、高松、大分、沖縄

海外
中国(大陸地域)、台湾、タイ、モンゴル、韓国、ベトナム、バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、ブラジル、ネパール
※詳細は公式HPをご確認下さい
試験時間
【A-Cレベル試験】125分
【D-Eレベル試験】105分
【F-Gレベル試験】85分
出題範囲
【A-Cレベル試験】
〔読解試験〕
①文法語彙問題
②読解問題
③漢字問題
④記述問題
〔聴解試験〕
①写真問題
②聴読解問題
③応答問題
④会話・説明問題

【D-Eレベル試験】
〔読解試験〕
①文法語彙問題
②読解問題
③漢字問題
④記述問題
〔聴解試験〕
①写真問題
②聴読解問題
③応答問題
④会話・説明問題

【F-Gレベル試験】
〔読解試験〕
①文法語彙問題
②読解問題
③漢字問題
④短文作成問題(選択式)
〔聴解試験〕
①写真問題
②聴読解問題
③応答問題
④会話・説明問題
合否基準
【A-Cレベル試験】
1000点満点で点数によって能力を特A~C級に判定します。

【D-Eレベル試験】
700点満点で点数によって能力をD~E級に判定します。

【F-Gレベル試験】
350点満点で点数によって能力を判定します。

お問い合わせ先 日本語検定協会・J.TEST日本事務局
URL: http://j-test.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年11月6日 更新