実用中国語技能検定試験

実用中国語技能検定試験は、日本における中国語学習者の語学レベルを測ります。問題は筆記とリスニングとで構成されており、問題文も含めすべて中国語で出題されます。初歩的な中国語から通訳として活躍できるレベルまで、6つのグレードから選べるので、自身のステップアップとしても活用できます。

試験級
【1級】【2級】
【3級】【4級】
【準4級】【5級】
実施日程
<第42回>
〔一次〕2018年11月18日(日)
〔二次〕2018年12月16日(日)※1・2級のみ
申込期間
<第42回>
2018年9月3日(月)~2018年10月20日(金)消印有効
受検料
【1級】8,000円 【2級】6,000円
【3級】4,000円 【4級】3,000円
【準4級】2,500円 【5級】2,000円
支払方法
郵便振替、銀行振込、書店・生協でのお支払い

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.chuken.org/method/
受検資格
どなたでも受験できます。
試験時間
【1・2級】
筆記: 60分
リスニング: 25分

【3級~準4級】
筆記: 45分
リスニング: 20分

【5級】
筆記: 30分
リスニング: 20分
試験方法
筆記試験+リスニング
出題範囲
【1級】
中国語の教学・研究・通訳等の専門職に必要な中国語レベル。
より広範囲な語学力を問う

【2級】
論理的な文章や新聞や文学作品・専門書が読めるか、中国文化・習慣を理解し、中国語で自由に表現できるか

【3級】
内容のある文章の読み書き、自分の意志や考えを表現できるか

【4級】
基本的な読み書き、語法

【準4級】
基礎的な中国語文の能力

【5級】
初歩的な語句のピンインと声調、簡単な中国語文の表現法

お問い合わせ先 一般財団法人 アジア国際交流奨学財団
URL: https://www.chuken.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月3日 更新