情報検定 (J検)

情報検定は、情報を扱う人に必要とされるICT(情報通信技術)能力を評価する検定試験です。情報を「創る」「使う」「伝える」の3種類の試験があり、興味や志向に応じて試験の選択が可能です。パソコンを使い始めた中学生から社会人まで、幅広い層が受験しています。

試験級
【情報活用試験1~3級】
【情報システム試験】
【情報デザイン試験 上・初級】
実施日程
随時
申込期間
試験実施日の3週間前まで
受験料
【情報活用1級】4,500円
【情報活用2級】4,000円
【情報活用3級】3,000円
【情報システム】 
 ・基本スキル: 3,500円
 ・プログラミングスキル: 3,000円
 ・システムデザインスキル: 3,000円
【情報デザイン上級】4,500円
【情報デザイン初級】4,000円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国各地の専門学校など
(コンピュータ試験約50会場)
試験時間
【情報活用1級】60分
【情報活用2級】60分
【情報活用3級】40分
【情報システム】 
 ・基本スキル: 60分
 ・プログラミングスキル: 90分
 ・システムデザインスキル: 90分
【情報デザイン初級】60分
【情報デザイン上級】60分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
出題範囲
【情報活用1~3級】情報の利活用能力 (使う能力) を総合的に評価する

【情報システム】情報処理技術を統合的に評価する
①基本スキル 
②プログラミングスキル 
③システムデザインスキル
の3科目(単科目合格制)があり、①と②の合格で、〔プログラマ認定〕、①と③の合格で、〔システムエンジニア認定〕となる

【情報デザイン上・初級】
情報の収集・分析力、発想・企画力、論理力、編集・表現力など情報を伝える能力を総合的に評価する

お問い合わせ先 一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団
URL: http://jken.sgec.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。