小型船舶操縦士

小型船舶操縦士は、重さ20t未満、全長24m未満の小型船舶を操縦することができる資格です。近年レジャーやスポーツなどでこの資格を取得する人が多く、船舶資格の中では最も馴染みのある資格だといえるでしょう。この資格を取得すると、エンジン付のボートやヨット、水上バイクなどが操縦できるようになります。

試験級
【一級】
【二級】
【二級 (湖川)】
【特殊(水上オートバイ)】
実施日程
随時開催
受験料
【一級】
身体検査:3,450円 
学科試験:6,600円
実技試験:18,900円

【二級】
身体検査:3,450円
学科試験3,550円
実技試験:18,900円

【二級 (湖川)】
身体検査:3,450円
学科試験:2,800円
実技試験:15,000円

【特殊】
身体検査:3,450円
学科試験:2,900円
実技試験:16,400円 (各税込)
受験資格
【一級】17歳9ヵ月から (免許取得資格:18歳)
【二級・二級(湖川)・特殊】15歳9ヵ月から (免許取得資格:16歳)
試験会場
全国の約180都市で実施
試験方法
身体検査+学科試験+実技試験
出題範囲
〔身体検査〕
①視力 ②色覚
③聴力 ④疾病および身体機能の障害

〔学科試験〕
【一級】
①小型船舶操縦者の心得・遵守事項 (一般)
②交通の方法 (一般)
③運航 (一般)
④上級運航Ⅰ、Ⅱ

【二級】
①小型船舶操縦者の心得・遵守事項 (一般)
②交通の方法 (一般)
③運航 (一般)

【二級 (湖川)】
①小型船舶操縦者の心得・遵守事項 (湖川) 
②交通の方法 (湖川)
③運航 (湖川)

【特殊】
①小型船舶操縦者の心得・遵守事項 (一般) 
②交通の方法 (特殊)
③運航 (特殊)

〔実技試験〕
実際に船を使用し、操船技術等の試験を行います。

お問い合わせ先 一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会
URL: http://www.jmra.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。