ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定

財務・金融・会計

この検定は、金融商品・不動産・保険・年金などの資産を効率的に運用するファイナンシャル・プランニングの技能を認定する資格です。お客様それぞれの人生設計に合った資産運用などの助言を行うのが主な仕事なので、金融商品や株式、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識が必要です。

2〜3年以内に受験

仕事のための自己研鑽と思い取得しました。 学科と実技を同時に受検し、3級を合格しました。 FPのテキストを1冊購入し、3か月ほどかけて読み進めていけば、 しっかり知識がつくと思うので、十分合格は狙えると思います。 年金や保険、税金、資産運用など広く浅く知識が問われるという感じです。 問題に慣れておくとよいと思うので、過去の試験問題を解いておくといいと思います。

3級に合格しましたが、範囲がとにかく広いのでまんべんなく理解する必要があります。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
<金融財政事情研究会の場合>
【1級】学科:9月 1月 実技:2月 6月
【2・3級】5月 9月 1月 (実施種目より異なります)

<日本FP協会の場合>
【1級】実技のみ:9月
【2・3級】5月 9月 1月
受検料
<金融財政事情研究会の場合>
【1級】学科:8,900円 実技:25,000円
【2級】学科:4,200円 実技:4,500円
【3級】学科:3,000円 実技:3,000円

<日本FP協会の場合>
【1級】実技のみ:20,000円
【2級】学科:4,200円 実技:4,500円
【3級】学科:3,000円 実技:3,000円 (非課税)
受検資格
【1級】
2級合格かつFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者 ほか

【2級】
①3級合格者
②日本FP協会認定AFP認定研修修了者
③FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者 ほか

【3級】
FP業務に従事している者、または従事しようとしている者
試験会場
全国主要都市
試験方法
筆記試験
※金融財政事情研究会が実施する1級実技試験は口頭試問方式
出題範囲
学科試験・実技試験や級を問わず、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から出題が行われます。

※金融財政事情研究会と日本FP協会で実施している選択科目などが異なります。2級学科と3級学科は同一問題。詳細はお問い合わせ。

お問い合わせ先 一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター
http://www.kinzai.or.jp/fp
NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
http://www.jafp.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月18日 更新