マーケティング検定

【内閣府認定】マーケティング検定では、学生や社会人などを対象にマーケティングの知識を測定する試験です。マーケティングはビジネスを成功させるために必須のツールであり、試験を通してマーケティングの概念を学習することで、業種業界を超えて通用するビジネススキルを習得することができます。

試験級
【1級】※準備中
【2級】※準備中
【3級】
実施日程
随時
申込期間
随時お申込み可能です。
受験料
【3級】6,480円(税込)

※日本マーケティング協会会員社(個人・団体共に1名につき)5,400円(税込)
※学生(高校・専門学校・大学・大学院等)のお申込み1名につき5,400円(税込)
支払方法
・クレジットカード
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy(ペイジー)決済
・受験チケット事前購入
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国約200箇所のCBTSテストセンター
試験時間
【1級】120分(予定)
【2級】 90分(予定)
【3級】 60分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
※2級以上は筆記、1級は面接を行う予定
問題数
【1・2級】20~30問程度(予定)
【3級】30問
難易度
マーケティング検定は現在3級のみ実施しています。
※1級、2級は今後実施予定。

【1級】上級者レベル ※今後実施予定
これまでマーケティングを実務で活用してきた方を中心に、マーケティング・リーダーとしての幅広い概念の理解と見識、応用力を測定。

【2級】中級者レベル ※今後実施予定
これまでマーケティングに触れてきた方を中心に、基礎概念の理解と応用力を測定し、マーケターとしての知識や能力を測定。

【3級】初級者レベル
これからマーケティングに触れる方を中心に、様々な場面でマーケティングに関わる方を対象として、マーケティングの基礎概念の習熟度を測定。
出題範囲
マーケティングに関する重要な概念(基本概念、市場環境、マーケティング戦略、マーケティング・リサーチ、消費者行動、製品戦略、価格戦略、コミュニケーション戦略、チャネル戦略、サービス・マーケティング)の基礎・応用問題
学習の手引き
3級の学習は、公益社団法人日本マーケティング協会が監修する「マーケティング検定3級試験 公式問題集&解説」の他、問題集、参考書あり。
合否基準
【3級】正答率70%以上で合格
結果発表
【3級】試験終了後、すぐに確認ができます。

お問い合わせ先 公益社団法人 日本マーケティング協会 マーケティング検定事務局
URL: http://marken.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月18日 更新