司法書士

司法書士は、私たちの日常生活で発生するさまざまな法律問題の解決、市民の権利保護などができる「身近な街の法律家」です。難関な国家資格として知られていますが、性別や年齢に関係なく活躍できる仕事なので、近年は女性の有資格者も増加しています。

実施日程
年1回
〔筆記〕7月上旬 〔口述〕10月中旬
申込期間
5月上旬~中旬
受験料
8,000円
支払方法
収入印紙
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
〔筆記〕
受験申請書類を提出した法務局、または地方法務局それぞれが指定した場所

〔口述〕
管区法務局それぞれが指定した場所
試験方法
筆記試験+口述試験
出題範囲
〔筆記試験〕
①憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む。)及び刑法に関する知識
②不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識
③供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識
④その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

〔口述試験〕
①不動産登記に関する知識
②商業 (法人) 登記に関する知識
③司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

お問い合わせ先 各管区法務局または地方法務局総務課
東京:東京法務局民事行政部総務課
URL:http://www.moj.go.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月1日 更新