司書 (司書補)

司書(司書補)は、公立の図書館において、本や資料などの管理・運営を行う専門の職員です。図書館に収める本や資料の収集・分類整理のほか、利用者への貸し出しなどが主な職務です。この資格を取得するには大学などで講義に参加し、規定の単位を修了する必要があります。

2〜3年以内に受験

大学で図書館学を専攻していたので取得しました。司書というとアナログなイメージですが、文学系の資格の中でもっともと言っていいほどPC作業が多いのでは?と思います。単位を取れば資格取得ができるので、大学にもよるとは思いますが、教職などと抱き合わせの取得も可能だと思います。

実施日程
《講習日》毎年7~9月 
受験資格
〔司書補〕
高等学校若しくは中等教育学校を卒業した方、または高等専門学校第三学年を修了した者で司書補の講習を修了した方 ほか

〔司書〕司書講習の受講資格:
①大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか又は高等専門学校を卒業していること
②2年以上司書補(国立国会図書館又は大学もしくは高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)として勤務した経験がある方

(注1) 講習の受講に際し在学している (していた) 学部学科及び履修した科目は問いません。また年齢制限もありません。
(注2) 上記の①か②の資格があれば講習の受講・修了はできますが、①なら卒業すること②なら司書補としての経験年数が3年以上になることを満たさなければ、司書となる資格は成立しません。
試験会場
全国9大学程度

お問い合わせ先 文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課図書館振興係
URL: http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月21日 更新