土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地の所有者に代わって、土地の調査・測量を行い、不動産の表記に関する登記手続きなどを行います。土地家屋調査士は業務独占資格のため、業界からの評価は高く、就職や転職の際に大きな武器となるでしょう。

実施日程
〔筆記試験〕 8月下旬
〔口述試験〕 11月中旬
申込期間
5月下旬~6月上旬
受験料
8,300円
支払方法
収入印紙
受験資格
〔筆記〕
どなたでも受験できます。
(筆記試験は午前の部と午後の部に分けて行われており、測量士、測量士補、または一級・二級建築士の資格を有する者は、申請により午前の部の試験が免除されます。)

〔口述〕
筆記試験の合格者
試験会場
〔筆記〕
試験地を管轄する法務局または地方法務局ごとにそれぞれの局が指定した場所

〔口述〕
管区法務局ごとに、それぞれの局が指定した場所
試験方法
筆記試験+記述試験+口述試験
出題範囲
①民法に関する知識
②登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む)
 及び審査請求の手続に関する知識
③土地及び家屋の調査及び測量に関する知識・技能であって、次に掲げる事項
・平面測量(トランシット及び平板に用いる図根測量を含む)
・作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)
④その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

お問い合わせ先 各管区法務局または地方法務局総務課 
東京:東京法務局 民事行政部総務
URL:http://www.moj.go.jp/
(法務省)

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新